ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

「問題解決学習」は教師の中ではよく聞かれる言葉だと思います。AIの技術が飛躍的に進歩しています。子どもたちが将来つく仕事の多くは今はない仕事だと言われています。そんな子どもたちに必要な力は目の前の問題を既存の知識を結びつけて解決する力「問題解決力」です。そして、このような力をつけるためにの学習が「問題解決学習」です。今回はそんな、問題を解決するとはどういうことかを子どもたちに簡単に伝えられる動画を紹介します。

混雑する自転車をどうやったら解決できる?

この動画は「SHIFT Gedragsverandering」という団体によってオランダで制作されました。

自転車が信号待ちをしています。直進者が混雑しているため、右に曲がりたい人も混雑に巻き込まれてしまっています。どうすればこの問題を解決できるでしょうか?

生徒に考えさせ、答えを言わせます。様々な意見を出させたいですね。

意見が出にくければ、ヒントを出します。

使うものは「ガムテープ」です。

生徒は楽しみながら問題解決学習をすることができるはずです。

よく学校で勉強できても社会では使えないと言われます。社会で必要とされる能力は「問題を解決する力」です。学校教育の中で楽しみながらこのような訓練をしていかせたいと感じます。

ラテラルシンキング

同様に問題解決学習に使えるラテラルシンキングという考え方があります。ラテラルシンキングとは

  • 常識にとらわれず、自由な発想を可能にする考え方
  • 最短ルートで問題を解決する考え方
  • お金や時間をかけずに目的を簡単に達成する考え方

です。総合的な学習の時間や学活などで使うと生徒は楽しみながら問題解決能力を高めることができます。ラテラルシンキングについては下の本がおすすめです。

「古びた喫茶店を復活させるには?」

など実践者がいる面白い方法がイラスト付きでたくさん載せられています。クイズみたいで面白いです。気になる方はぜひ読んでみてください。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...