ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 道徳・総合的な学習 » 20ドル札を生徒の前でグシャグシャにした先生が伝えたかったこと

20ドル札を生徒の前でグシャグシャにした先生が伝えたかったこと

calendar

今回は「人の価値とは何か?」について考えさせられる話を紹介します。このお話は海外で古くから伝えられているものです。

人の価値とは?

image

ある先生が言いました。

「この20 ドル札がほしい人はいますか?」

生徒たちは一斉に手を上げます。
image

先生は小さく紙幣を折りたたんでから言います。

「これでも、ほしいですか?」

生徒たちは手を上げ続けます。

すると今度はお札をグシャグシャにしてしまいました。

「これでもう、ほしい人はいないでしょう?」

生徒はなおも手を上げつづけます。

ついに先生は紙幣を踏み潰し、教室のはじっこへと蹴り飛ばしてしまいました。

「これでも?」

生徒の反応は変わりません。

そこで先生が一言。

「あなた達は今日大切なことを学びました。」

「私がこのお金に何をしようと、みんなは変わらず欲しいと思いました。それは、このお札に20ドルの価値があるということを、あなた達が知っているからです。何が起きても、どんな見た目になろうとも。その事実は変わりません。

どんなにつらい目にあっても、どんなにひどい扱いをされても、関係ないのです。あなたの価値は変わりません。利用されたり、邪魔者扱いされたりしても、何があったとしてもです。」

「何があっても、あなたを愛している人にとって、あなたは価値ある存在であり続けるのです」

・・・深い話ですね。自己肯定感の低下が問題視されています。特に日本の子どもたちは自分に価値はないと考えている割合が多いそうです。悲しいことですね。道徳などでこのお話しをつかっていただければと思いました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]

【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...