ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

アクティブラーニングって何?

time 2016/01/29

最近、教育界で「アクティブラーニング」(active learningの頭文字をとってALで表すこともある)という言葉が注目を浴びているのはご存知だと思います。なぜ、急にアクティブラーニングが注目されたのでしょうか?今回はアクティブラーニングについて書いていきたいと思います。

アクティブラーニングとは

出典:大阪 学び合い・アクティブラーニング研究会
https://senseiportal.com/events/31387
アクティブラーニングという言葉が広まった理由は、平成26年11月20日に、文部科学大臣から中央教育審議会に提出された「初等中等教育における教育課程の基準等の在り方について」という諮問文に「アクティブラーニング」という言葉が4か所も掲載されたからです。これにより一気に「アクティブラーニング」という言葉が注目され、中学校や高校(特に研究授業)で「アクティブラーニング」が叫ばれるようになってきたのです。では、そもそもアクティブラーニングとは何なのでしょうか。文部科学省の発表しているアクティブラーニングの定義は、
「教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学習することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループワーク等も有効なアクティブラーニングの方法である。」 とあります。一教師として知りたいのは具体的に何をすればよいかですが、具体的にあげられているのは「発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習 等」。等が入っているということは、これらを含めた様々な教授・学習法の総称ということになります。では、なんでもかんでもアクティブラーニングになるのかというとそうではありません。文部科学省の文に「学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称」とあることから、学修者が能動的に学修への参加していなければなりません。また、「認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る」とあるので、これらの能力を一つではなく汎用的能力として育成しなければならないのです。逆にいうと発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習、グループ・ディスカッション、ディベート、グループワークであっても、学修者が能動的に学修に参加し、かつ認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図ることができなければアクティブラーニングとは言えないということです。・・・こう聞くとすごく難しそうですね。しかし、大学入試がアクティブラーニングを基本としたものに変わっていく今、高校はアクティブラーニングへの授業変換が迫られています。もちろん、高校入試も変わるはずです。今、教育界はアクティブラーニングによって大きな変換点にいるといえるのです。私は一教員としてこれからアクティブラーニングに取り組んでいきたいと考えています。これからブログの中でアクティブラーニングについて
「学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法とは」 「文部科学省が例として挙げる発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習を取り入れた授業とは」 「認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図るとは」 の三つの観点から考えてみたいと思います。アクティブラーニングを勉強しようと思い、何冊か本を読みましたが著者が変われば考え方も大きく変わるようです。アクティブラーニングの定義があいまいで流動的な証拠ですね。 私個人の考えや実践を元としているので、大したことは書けないかもしれません。間違いもあると思います。でも、未知の教授法アクティブラーニングについて一緒に考えていけたらと思っています。意見がありましたら、コメントをお願いします。「学び続ける教師」を目指して、一緒に学んでいきましょう。
※学習ではなく、学修という単語を使っているのは、大学では1時間の授業に対して倍以上の時間を予習と復習にあてることが単位取得の原則になっているからだそうです。アクティブラーニングという言葉自体が、元々一斉が中心の大学の講義の在り方から出てきた言葉だそうです。考えさせられますね。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月4万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate