ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 教師に役立つ情報 » 日本をモデルにシンガポールが放課後清掃を実施

日本をモデルにシンガポールが放課後清掃を実施

calendar

観光に力を入れてぐんぐん成長しているシンガポール。チャンギ国際空港がハブ空港として作られてから、経済成長率はさらに高まったはずです。私は個人的にシンガポールが好きで何回か旅行にいっているのですが、国を上げて綺麗な街を作ろうという意気込みを感じます。つばを吐いただけでも罰金と聞けばその厳しさが伝わるのではないでしょうか?そんなシンガポールが新たなクリーン戦略の一環として、学校教育の現場で生徒たちによる放課後の清掃が2016年2月より義務化されました。

シンガポールが日本をモデルに放課後清掃実施


image

シンガポールの教育省は全国の公立小学校・中学校・高校において、生徒たちによる清掃を義務化。子どもたちは自分たちの教室や廊下、カフェテリアなどの共有スペースを生徒自らが清掃するようになります。

image

このニュースを「BBC」はじめ、大手メディアが大きく取り上げたのは、世界的に見ても生徒が放課後に教室を掃除するという文化は少数派だからです。シンガポールだけでなく、欧米の多くの国において掃除は生徒ではなく、専門の清掃員を雇って行うもの、という認識があるんですね。

自分たちの教室を自分たちで掃除することを自然に教えられてきた私たちにとっては普通のことですが、シンガポールの人たちにとっては大きな変化です。清掃を学校カリキュラムに取り入れることで、生徒たちによる自発的な清掃への心がけを身に付けさせたいという狙いがあるようですね。

教育省の関係者らは、日本や台湾の学校で行なわれている放課後清掃をモデルケースにして、放課後清掃の取り組みをすすめていきました。彼らにとって意外だったのは、掃除の時間が5分〜10分程度と短期集中型であったことだということです。確かに日本でも一回の掃除は10〜15分程度。言われてみればそのとおりですね。

シンガポールが放課後清掃に取り組もうとしている理由は、自国民の清掃意識を変えるためだそうです。というのも、シンガポールではガムやタバコ、ゴミのポイ捨てが全面禁止、つば吐きも禁止です。しかし、2015年罰金の対象者となった約2万6,000人のうち、およそ7割が国民・もしくは永住者だったことが明らかになったのです。

このようなことから、自国民の清掃意識を高める必要を感じた結果、生徒による学校清掃が始まったようです。

なお、この義務化はひとまず2016年末まで。あくまで試行期間なんです。清掃の状況や、生徒たちの反応をみて、学校清掃が定着するかを判断するそうです。シンガポールに学校清掃は定着するのでしょうか?

気になりますね。

ちなみにシンガポールはICT教育が最も進んでいる国としても有名です。掃除は日本をモデルにしてもらえたのですから、今度は日本がシンガポールをモデルにICT教育を進めてもらいたいと強く感じました。

ふたばのブログが本になりました。

授業で使えるデジタル教材が満載!「ふたば塾」

ふたばのブログの姉妹サイト「ふたば塾」では、理科の授業で使えるデジタル教材やプリント教材、授業動画で使ったスライドを無料で公開しています。

▶ ふたば塾はこちらから

▷ デジタル教材はこちらから

▷ 授業プリントはこちらから

▷ 授業動画のスライドはこちらから

予習や復習で使えるYoutubeチャンネル

Youtubeチャンネル「ふたば塾」では、予習や復習で使える授業動画を配信しています。ふたば塾のデジタル教材に対応しているので関連付けて学習できます。ぜひご活用ください。

▶ ふたば塾のチャンネルはこちらから

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】


100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]

【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同