ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

アインシュタイン式論理脳ドリル

time 2016/02/29

今回は、授業の導入や学活などのちょっとしたスキマ時間、学級通信などで使える「アインシュタイン式論理脳ドリル」を紹介します。

アインシュタイン式論理脳

 近年、子どもに論理的な思考力を求める傾向が強まっています。理科で求められる論理的な思考力とは、観察・実験の結果を整理し考察するといった、理科の授業の根幹をなす力といっても過言ではありません。論理的思考力は,論理に支えられて物事を判断し,問題を解いていく力です。
理科の教科書は、帰納的な推論によって展開されているので,論理的思考力を高めることは理科学習において最重要課題といえます。しかし,この論理的に考える力が子どもたちにあまり身についていないように感じます。私は生徒が日常生活において論理的に考える必要がなくなり、論理的に考える練習を積まずに成長をしてきたせいだと考えています。昔は遊びにしても
「どうやったら、紙飛行機が遠くに飛ぶのだろう」
「どうしたら、魚を上手に釣れるのだろう」
といった風に子どもたちは日常的に「疑問」をもち、それを論理的に解決していったのではないでしょうか?しかし、今子どもたちが夢中なのはゲームです。ゲームに論理的な思考力は必要ありません。分からなければスマホで攻略サイトを見ればいいだけです。では現代の子どもが上にあげた
「どうやったら紙飛行機が遠くまで飛ぶのか?」
という疑問を持ったらどうなるでしょうか?答えを早く知りたい子どもはスマホで「飛行機 遠く 飛ぶ」で検索をして、苦労することなく遠くまで飛ばす方法を知るはずです。これでは、論理的に考える力はつくはずがありません。
論理的に考えるのが苦手な子どもたちが増えていますが、本来、論理的に考えることは楽しいものです。この本は論理的に考える楽しさを教えてくれます。遊び方は簡単です。いくつかの文章を読んで、矛盾しないように空欄を埋めるだけです。
↑ヒントを読み解き正しいマスに書き込んでいきます。生徒は楽しみながら必死に解きます。
論理的に考える力は子どもたちが社会にでてから最も必要とされる力ではないでしょうか?このような論理パズルをすることで論理的に考える楽しさを伝えていければいいなぁと感じます。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate