ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

バナナの種?

calendar

 11月16日の京都新聞のニュースが面白いです。
通常、種のないはずのバナナから「種」のようなものを、京都市左京区の東山中の教頭先生が見つけたとのこと。理科が担当で、「生徒に見せてやりたい」と話しています。

ないはずのバナナの種?

ニュースによると松本善人さん(55)=山科区=が、家族が店で買ってきたバナナを食べたところ、「ガリッ」と歯に当たるものを見つけたという。輪切りをした中心部に放射状の芯のような黒く堅いものがあった。栽培されるバナナは通常3倍体といわれ、遺伝的に種ができない。府立植物園(左京区)温室係は「成長が途中でとまった不完全なままの種ではないか」と推測する。
松本さんは「もし種があれば新聞に載るくらい」と教えてきており、「まさか自分が当事者になるとは」と驚いている。
 
というか、バナナは三倍体だったんですね。アユの三倍体は大きくなると知っていましたが•••知らなかった、勉強になりました。話を戻しますが、これは本当バナナの種なのでしょうか?植えたらバナナが生えるのかなぁ•••気になる。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...