ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

酸化銅(II)の還元実験

calendar

酸化銅(II)の還元実験を行いました。
酸化銅(II)を0.8g、活性炭を0.1gをすり鉢でよく混ぜ合わせます。活性炭はバーベキュー用の炭をすり鉢ですり潰したものを使用しました。
しばらく熱すると・・・
石灰水が白く濁り、酸化銅と活性炭の混合物が赤く変色していきます。
↑反応後すり鉢に戻すと赤褐色の銅を観察できました。
同じ方法で実験していても班によって綺麗に還元されている班とそうでない班に差ができました。不思議ですね。すり鉢での計測は難しいですが、炭素(活性炭)が酸化されて二酸化炭素になったため、実験後の物質は、酸化銅と活性炭の混合物に比べて質量が減少するはずです。次の単元に繋げる意味でも、質量の変化を問いかけるのは良い発問ではないかと感じました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

エネルギーの移り変わり
各方角の星の動き
中学理科学習サイト(無料)
more...