ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

キャット&チョコレートでコミュニケーション能力、論理力、説得力を鍛える

calendar

ふたばの大好きなボードゲームネタです。

キャット&チョコレートでコミュニケーション能力、論理力、説得力を鍛える

今回紹介するのは、コミュニケーション能力と論理力と説得力と想像力と弁解力と面接力が同時に鍛えられるボードゲーム(笑)キャットアンドチョコレート&チョコレートです。

キャット&チョコレートには幽霊屋敷編から始まり、今では学園編やビジネス編など様々なバリエーションが出ています。

ルールはどれも同じです。

キャット&チョコレートでは、主にアイテムカードとイベントカードを使います。
指定されたアイテムを駆使して、イベント(問題)を解決する方法を提示します。
(↓同梱されていたマンガによる説明書)

ゲームのやり方

分かりにくいので幽霊屋敷編で例を示したいと思います。
今回のイベントは「物置」です。カードには「握ったナイフは呪われていた。君の右手が君を突き刺す。」と書かれています。この問題を2枚のアイテムカードで切り抜けます。手札から2枚のアイテムカードを選びます。使うカードは「古い鍵」と「札束」でやってみます。
「『古い鍵』で物置を開けたら『札束』がでてきた。この札束を投げると右手はナイフを捨てて思わず札束を握った・・・」
というふうに、即興(アドリブ)で問題解決の方法を示します。他のプレイヤーが一斉に判定(GOOD or BOO)をして問題を解決できたかどうかを決めます。GOODが過半数であればポイントを得ることができます。
想像力と即興力と強引さがものを言います(笑)

【学園編】

先生を「お母さん」と呼んでしまった。気まずい!
つけまつげをガムテープで先生に貼り付けて、お母さんにしてしまう・・・
どうでしょう?(笑)

【ビジネス編】

どのシリーズも裏面が同じ柄なので、混ぜて使うこともできます。
こういった、想像力と即興力と論理力を同時に鍛えられるゲームは他にはないと思います。遅刻の言い訳をするときにも役立つ能力ですね(笑)
ふたばは本気でこのゲームは子どもたちのコミュニケーション能力を鍛えることができると考えています。(というか、入れ込んでいなければシリーズ3つとも買ったりしません笑)キャット&チョコレートを学校でぜひとも必修化させてほしいです。

※黄色いパッケージのキャット&チョコレートはカードの裏面が他のカードと異なるため他のキャット&チョコレートと混ぜて使うことはできません。要注意です。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す