ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

珈琲豆の正体

calendar

ふたばのお隣さんは喫茶店を営んでいます。喫茶店にコーヒーを飲みに行くとお隣さんから

「お店の前に珈琲の木があるんだけど、実がなったの。ベトナムでは珈琲の実をおやつとして食べるそうよ。一つ食べてみたら?」

と言われました。ふたばは珈琲好きなのですが、珈琲の実は食べたことありませんでした。

コーヒーの木

こちらがコーヒーの木。温かい国の植物なので、冬場は建物の中でないと枯れてしまうそうです。

よく見ると赤い実がなっていました。コーヒーの木は毎年実をつけるわけではないそうです。お隣さんいわく去年は実がならなかったそうです。環境がよかったんですかね。

コーヒーの実

赤くて1cmほどのコーヒーの実。皮をむくと・・・

おー!コーヒー豆やぁ!

コーヒー豆は種だったんですね。当たり前か(笑)

身近なコーヒー豆も、知らないことがたくさんあるんだなと思いました。1年生の被子植物の単元で、子どもに見せたら盛り上がるかもしれませんね。貴重な経験でした。

ー追記ー

その後、再度カフェに行くと珈琲の花が咲いていました。

珈琲といえば茶色のイメージですが、花は白色なんですね。

クチナシのようなほのかな香りがしました。

珈琲の実と花を見ながら、珈琲を飲む☕素敵な時間を過ごすことができました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...