ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

デジタルマイクロ顕微鏡「HidemicronFHD マイクロスコープ」がHDMIで使えて便利

time 2018/03/10

今回は授業にプライベートに大活躍するテレビやプロジェクターに直接映像を出力できるデジタル顕微鏡「HidemicronFHD マイクロスコープ」をご紹介します。

大型テレビやプロジェクターに移せるデジタル顕微鏡

こちらがTECさんのHDMI外部出力機能付きのデジタル顕微鏡「HidemicronFHD マイクロスコープ」です。

早速開けていきます。

箱は20センチ×20センチほど。意外と小さいです。

取り扱い説明書は日本語で書かれているので安心です。

校正尺がおまけで入ってました。

内容物

顕微鏡本体と顕微台、HDMIケーブルも入ってました。

顕微鏡本体

本体側面にはMENUやMODE、電源などのボタンがあります。

反対側には明るさ調整とマイクロSDの挿入口があります。パソコンとつなげる必要がないため、本体に様々な機能を持たせています。

背部には電源となる、DC5VのUSBの差し込み口とHDMIケーブルの差し込み口があります。HDMIは小型のタイプでした。

組み立て完成図

1分で組み立てできました。

顕微鏡らしく、調節ねじで顕微鏡を上下させることができます。ただ、この顕微鏡は顕微鏡本体にネジ式のピント調整機能があるので、基本的には顕微鏡を対象物にピッタリとつけて、本体の調節ねじでピントを調整することが多いです。

実際に使ってみたところ

植木の葉を観察してみました。

今回、電源はコンセントからとりましたが、USBからとれるので、大型テレビ裏やプロジェクターにUSBの差し込み口があれば、コンセントは不要です。

葉の観察

葉脈をキレイに写すことができました。

ステージにはメモリがついてあるので、それを使えば大体の大きさを調べることができます。

 

拡大倍率は大体1㎝を拡大して見れる程度になります。

印刷物の観察

三種類のインクでえがかれていることがわかります。

皮膚の観察

肌のキメまでみれます。

倍率はあまり高くありませんが、タンポポの花、葉脈、花崗岩、火山灰、塩の結晶などなど授業で利用できる場面はたくさんあります。パソコンがいらないので、授業で演示実験や復習などでつかうのにちょうどいいです。

気になる価格は1万5千円程度。この機能でこの価格であればお手頃ではないでしょうか。授業でHDMIデジタル顕微鏡を使って、授業を盛り上げてみてください。

TECさんのHidemicronFHDマイクロスコープのホームページはこちら

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate