ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 教師に役立つ情報 » 効率の良い勉強法について

効率の良い勉強法について

calendar

勉強の仕方がわからないという人がいます。これは非常にまずいことだと思います。ここでは、私が考える効果的な勉強のやり方を紹介したいと思います。

効率的な勉強法

勉強時間×集中力×勉強法=成績


成績は「勉強時間」「集中力」「勉強法」の掛け算で上がっていきます。勉強時間を自慢している人がいますが、ただ時間をかけただけでは意味がありません。では時間以外に何が大切か?それは「集中力」と「勉強法」です。3組の生徒を見ているとこの二つを苦手にする人が本当に多いように感じます。

「集中」とはあることにのめり込むような感覚です。「漫画やゲームに集中しすぎて、周りの声が聞こえない」これは漫画やゲームに集中しているからです。漫画やゲームなら集中できるのになぜ勉強には集中できないのでしょうか?それは

「勉強で内容がわかったときの楽しさを知らないから。」

数学の問題が解けたときや頑張って理解した問題が解けたとき、脳内には快感物質が駆け巡ります。これを一度味わってしまうと脳は「また、あの快感を得たい」と勉強に集中してしまうのです。「ただ、覚えるだけ」「いやいや勉強しているだけ」では集中力はほぼ0です。成績は掛け算なので、いくら勉強時間を増やしても意味がありません。

もう一つは「勉強法」です。基本的には「書いて覚える派」と「見て覚える派」があると思います。どちらにしても大切なのは、「意味を理解すること」と「確認問題(やったことない問題)を解くこと」だと思います。意味もわからずに、一問一答でただ言葉を覚えようとしている人がいますが本当にもったいない。それではテストで問題は解けません。大切なのは意味を理解することです。意味を理解しているか確認するための方法は簡単。ある言葉「○○」を覚えたら「なぜ○○が起こったの?」「○○によって何が変わったの?」といった風に言葉で終わらず深めていくことです。「覚えたつもり」「わかったつもり」にならないようにしてください。そのために確認問題を解いてみましょう。このときやったことのない問題を解くのが理想です。もし問題が解けていれば「理解している」解けなければ「理解できていない」ということがわかります。

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...