ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » ICT活用 » ICT教育の新星!「スティック型パソコン」

ICT教育の新星!「スティック型パソコン」

calendar

今回は、これからのICT教育のスタンダードになる可能性を秘めたスティック型パソコンをご紹介します。

ICT教育の新星「スティック型パソコン」

ぱっと見は大きめのUSBメモリ

一見大きめのUSBメモリに見えますが、れっきとしたパソコンです。
USBの差し込み口のように見えるのはHDMI端子で、テレビなどに差し込んで使います。側面には電源ボタンとUSB端子、電源用のmicroUSB端子があります。先輩の先生が購入したものを見せてもらいました。
↑テレビの後ろ。HDMIケーブルで接続します。USBにはマウスを差し込んでいます。
前から見ると、スティック型パソコンは見えないので、テレビがパソコンになるという感じ。テザリングでYouTubeなどもサクサク見ることができました。
スティック型パソコンの弱点は
  1. 構造上USB端子を一つしか取れないところ
  2. 容量が小さい
  3. 処理速度が遅い
の3点が挙げられると思います。
①USB端子については、電圧の関係もありハブを使うわけには行かないので、Bluetoothを使うのが定番ですね。先輩の先生は、トラックパッド付の小型キーボードを使っていました。(3000円程)これが超使いやすい!オススメです↓
②容量は小さいのですが、こちらのインテルのスティック型パソコンには、ななななんと(門倉先生じゃないよ)microSDのスロットがついているのです。容量の問題は解決ですね。
③処理速度については・・・割り切る!スティック型パソコンに処理速度を求めること自体がおかしいです。YouTubeが見れる能力があればほとんどのことはできるはずです。私が個人的に気になるのは「理科ネットワーク」「mitaka」が見られるかどうか・・・今度先輩に借りて確認させてもらおうかな。
充電用の変換コネクター付。海外どこでも使えます(笑)
このテレビさえあればどこでもパソコンになる便利マシーン。気になるお値段は、ななななんと
1万5千円!
・・・安っ!
キーボードつけても2万円以下・・・12月のボーナス、使いどころではないでしょうか(>▽<)

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...