ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » コミュニケーション能力・心理 » 若年層の視線耐性が低下

相手からの視線に耐えられる力を「視線耐性」といいます。視線耐性が低いほど、「周りの目が気になりやすい」「他人からの視線にストレスを感じやすい」ということがわかっています。男性化粧品メーカーのマンダムが2018年10月3日、「視線耐性」とデジタルコミュニケーションに関する調査結果を公表しました。この中で、若い年代ほど、他者からの視線に対してストレスを感じやすい人が多いということが分かったのです。

若年層の視線耐性が低下

出典:マンダム

出典:マンダム

出典:マンダム

データをみると、ネット世代である若い人に視線耐性が弱いことがわかります。子どもたちの中にも目を合わせることができない子がいるのではないでしょうか?社会性を身に着けるという意味でも視線耐性は必要だと思います。GATBYのホームページでは、視線耐性TESTという視線耐性を採点できるページが掲載されています。面接対策にもなるかもしれません。気になる方はホームページをチェックしてみてください。

視線耐性TESTのホームページはこちら

 

 

folder デジタル教材・プリント教材

太陽の一日の動き
温帯低気圧の一生
原子の性質
more...

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...