ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

リーダー育成とオセロの話

time 2014/10/13

私は、初めての班長会議や生徒会役員の初めの集まりでいつもオセロの話をします。

リーダーシップをオセロに例える

どのような話かというと

「学校をよくしていくのは、オセロと似ている。白と黒の戦い。でもオセロと違うところがある。それは、学校には白と黒だけでなく、灰色がいること。君たちリーダーは白。ほとんどの生徒は灰色。白にも黒にもなりえる。黒を白に変えるのは難しい。リーダーの仕事は灰色を白にすることそうすれば、黒も灰色になっていくんだ。先生もできる限りの協力をするから、一緒に灰色を白にしていこう。」
子どもたちはたとえ話が好きです。この話をすると、子どもたちはいつも真剣に話を聞いています。そして、学校を良くする方法を一緒に考えてくれます。
前まではスターウォーズの
「暗黒面に落ちてはいかん」
「フォースを信じろ」
とヨーダの真似をして話をしていました。しかし、時代のせいかスターウォーズを知らない生徒が多くなりました。ヨーダになりきって一通り真似をしたところで生徒に
生徒A「先生、それ誰の真似?」
生徒B「意味わからへん」
私      「•••」
伝わらなければ意味がないのでスターウォーズのたとえ話はやめにしました(笑)
映画好きの私としては寂しいですね。ということで、最近はオセロに例えています。
その時その時の子どもの状況に応じて上手くたとえ話ができると、子どもの心に言葉がスーッと入っていくのがわかります。
面白いたとえ話があったら教えてくださいね。

コメント

  • オセロのたとえ話し。なかなか面白い。目の付け所が、イイね。白で、挟んで白に、する?腐ったミカンを、思い出したけど、排除はダメだものね

    by チッチとサリー €2014年10月14日 5:09 PM

  • チッチとサリーさん、コメントありがとうございます。
    こんな話を生徒にしながら、班替えで黒の隣にリーダー(白)をおいて、灰色になってしまったときは、担任として責任を感じます。もっと勉強しなければ•••。
    ミカンのたとえ話、金八先生の名シーンですよね。もちろん排除はだめ•••でも、本当にひどい時は一般の生徒を守るために一時的に必要な処置だとも思います。荒れる生徒も、周りを傷つけたいとは思っていないはずですしね。

    by ふたば €2014年10月14日 6:38 PM

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万5千pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate