ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 実験・授業の情報 » バネとOHPで波を考える

バネとOHPで波を考える

calendar

波は1年生の光や音、地震の単元で出てくる内容です。今回は金属のバネを使って波の性質について考えてみます。

バネで波を考える

①波の独立性

バネで横波を起こします。

横波は逆波で返ってくる

相手側が固定されている場合、波は逆波で返ってきました。

横波に逆波を当てる

波に対して逆波を当てると、波同士が合流する場所で波が合わさりあいお互いに小さくなります。しかし、通り抜けると元の波の大きさに戻ります。波はポイントでは消えても、流れとしては残るんですね。

同じ向きの波を当てる

同じ向きの波をぶつける実験です。ぶつかった点で大きな振幅になります。その後元の流れに戻っているように見えます。
これらの実験から波は粒子と違う性質をもっていることがわかりました。

②定常波を起こす実験

定常波とは、波長・周期(振動数)・振幅・速さが同じで進行方向が互いに逆向きの2つの波が重なり合うことによってできる、波形が進行せずその場に止まって振動しているようにみえる波動のことです。私たちが聞いている音は定常波です。なぜなら、ものが振動した時必ず物質内で反響が起こり波が重なり合うからです。反響しないものはそもそも音が鳴らないです。この定常波をバネで作りました。

2倍波

ゆっくりバネの固有の振動数を意識して振ると2つ山の定常波を作ることができます。バネの中等部が動いていないことがわかります。定常波の特性です。

 3倍波

手を動かす速度を早くすると3倍波がつくれます。

6倍波

もっと早くすると・・・6倍波!すごいですね。このように物質は固有の振動数をもち、その倍数で定常波を発生させることができます。

③水を使って波の干渉を見る実験

最後はバネではなく水とOHPを使って波の干渉を見る実験です。
モーターに2つのボルトをつけて水面に一定間隔で波紋を起こします。
それをOHPで写します。
2つの波紋が干渉しあっている様子が観察できます。
波の発生速度によって強めあう場所、弱め合う場所が異なります。
波の面白さがわかる実験でした。

ふたばのブログが本になりました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...