ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

算数と国語を同時に伸ばすパズル

calendar

今回は小学館さんから出版されている宮本哲也さんの「算数と国語を同時に伸ばすパズル」を紹介します。

 算数と国語を同時に伸ばすパズル

この本は算数と国語の力は同時に伸ばすことを目的に作られています。小さい子どもから小学生を対象に作られています。
この本は
○文章を正確に読み取る力がつく
○示された条件を整理する力がつく
○何が問われているかを理解し、考えを組み立て、正解にたどり着く力がつく
を特徴としているそうです。
小学館のホームページに試し読みのページがあります。
↑国語力と論理力と算数力が必要ですね。頭を使って解く必要があります。探偵みたいで面白いですね。




著者より
本書は「国語も算数と同じように論理的に解く」ことを目的に作りました。
今回は、推理パズルと計算ブロックを交互に入れました。両方楽しめるようになれば、算数も国語も得意になっているはずです。わからないときは、いったん閉じてください。答えを見たり、ヒントをもらっても意味はありません。
学習の本質は「考える」ということにあります。日をおいて取り組めば、すらすら解けることがよくあります。そのとき学習のおもしろさに気付くことでしょう。あせらず、気長に楽しんでください。
分数編もあります。分数でつまづいてしまう前に一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

エネルギーの移り変わり
各方角の星の動き
中学理科学習サイト(無料)
more...