ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

新年度が始まり2週間が過ぎました。子どもたちの様子はどうでしょうか?クラスや担任が変わり、新しい環境に少しずつなじんできたでしょうか?
発達障害をもつ生徒にとってこのような環境の変化は大きな負担です。時には変化に対応しきれず不登校になってしまうことすらあります。支援を必要とする子どもたちには適切な対応が求められます。今回は発達障害をもつ子どもたちの支援を楽にしてくれる、「発達障害アイデア支援ツールと楽々工夫note」というサイトをご紹介したいと思います。

発達障害アイデア支援ツールと楽々工夫note


 このサイトは軽度発達障害・グレーゾーンの子ども3人を現在進行形で子育て中の「楽々かあさん」が 「軽度・グレーゾーンの発達障害のお子さんの子育て
を少しでも楽に、楽しくできるよう」という思いから
開設したものです

楽々かあさんが、実践してきた様々なアイデアや工夫、支援ツール等が公開されています。

支援ツールは学校でも活用できるものが多いです。その中でも

「声かけ変換表」

「ステータス•ゲージ」

は、とても使いやすいツールだと感じました。ぜひ、サイトからダウンロードしてみてください。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...