ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 授業で見せたい動画(授業で使える動画) » 授業で見せたい動画9「飛行船ヒンデンブルク号の悲劇」

授業で見せたい動画9「飛行船ヒンデンブルク号の悲劇」

calendar

前回、風船の話の中で飛行船の原理について書きました。今回は、同じく化学の単元でつかえる飛行船の授業ネタを書きたいと思います。

豪華飛行船ヒンデンブルク号の悲劇

19世紀から20世紀初頭にかけて、飛行船は豪華な空の客船として夢の乗り物でした。 飛行船を本格的な空の乗り物として実用化させたのは、ドイツ人退役軍人のツェッペリン伯爵です。 1908年にツェッペリン社を設立。ツェッペリン社の最終完成号機となったLZ129「ヒンデンブルク号」は、 全長245メートル、直径41.2メートル、充填浮遊ガス約20万立方メートルで6日間の連続航行が可 能な最先端技術を結集した飛行船でした。この船が、1937年の初夏、ドイツ、フランクフルトから大西洋 を横断した後、アメリカ、ニュージャージー州レイクハーストで着陸態勢に入り、繋留綱を地上に降ろした瞬間、悲劇が起こりました。なんと飛行船が突然爆発し、待ち受けていた大勢の人々の眼前に墜落したのです。乗客、乗務員合わせて34人が死亡、 多くの乗客が重症を負いました。

生徒への発問

生徒に話すときは、ここで一旦話を切ります。そして
「なぜヒンデンブルク号は突然爆発したのでしょうか?」
と発問します。
原因は、飛行船に充填された水素ガスへの引火でした。ヒンデンブルク号の外皮に塗ったゴムの摩擦による静電気が火花を発し、水素に引火したものと判明したのです。
 
水素が、火をつけると爆発することが学べるました。ここで、次の発問

追発問

「では、なぜ危険な水素を使ったのでしょうか?」
これには生徒も中々答えられません。
実は、ヒンデンブルク号の設計者も、水素でなくヘリウムガスの使用を提案していました。しかし、実質的に世界唯一のヘリウム産出国であったアメリカは、ナチスがヒンデンブルク号を軍用に転換することを恐れ、ヘリウムの供給を認めなかったのです。もしも、ドイツとアメリカの仲がよく、
水素の代わりにヘリウムを使用していたら、ヒンデンブルク号のこの悲劇的大惨事は起きなかったと言えます。
理科と社会の横断的な授業ですね。このように、一つの事象でも様々な視点から考えることで
「水素は一番軽いが爆発すること」
「ヘリウムは軽くて安全なこと」
「ドイツはアメリカと仲が悪かったこと」
などたくさんのことを学ぶことができます。生徒にも物事を様々な視点から見つめる目を養ってもらいたいと思います。

ヒンデンブルク号の実際の映像

ヒンデンブルク号の事件は映画にもなっています。気になる方はぜひ見てみてください。

ふたばのブログが本になりました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...