ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

東海大学海洋科学博物館②

calendar

続きです。

シロワニはワニじゃないよ~

水族館部門の目玉大水槽には、シロワニが泳いでいました。シロワニって白いワニ?って思ったらサメでした(笑)
うーん、サメってなんでこんなに悪そうな顔なんでしょうね?人間の進化の過程でヘビと動揺にサメが天敵だった時代があって、「サメは悪者!」とDNAに刷り込まれているのかな。

謎多き深海魚「リュウグウノツカイ」

大型水槽の横には謎多き深海魚「リュウグウノツカイ」が展示されていました。
写真じゃわかりにくいですが、体長なんと2m!大きい!説明書きには「人魚のモデルかも?」とありました。うーん、たしかに水面に映る影や遠くからみた姿を見たら、昔の人ならそう思うかもしれません。ロマンが広がりますね。

津波のシミュレーター

外にでると津波のシミュレーションを見ることができます。
海底が急に上下したときの津波をシュミレーションできます。海底が隆起したときの津波は押し波から始まり、陥没したときの津波は引き波から始まることが目で見てわかりました。ミニチュアでもこの水の勢いなら、本当の津波は想像もできないです。一回目の波が終わっても、二度三度と繰り返す津波のシュミレーションを見て日頃から対策を立てる必要性を改めて感じました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す