ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

修正液でブラウン運動を観察する

calendar

今回は、身近なもので分子間運動(ブラウン運動)を観察する方法です。

修正液でブラウン運動を観察する

ブラウン運動という現象をご存知でしょうか?
ブラウン運動とは、液体のような溶媒中に浮遊する微粒子(例:コロイド)が、不規則に運動する現象である。1827年(1828年という記述もあり)、ロバート・ブラウンが、水の浸透圧で破裂した花粉から水中に流出し浮遊した微粒子を、顕微鏡下で観察中に発見し、論文「植物の花粉に含まれている微粒子について」で発表した。
この現象は長い間原因が不明のままであったが、1905年、アインシュタインにより、熱運動する媒質の分子の不規則な衝突によって引き起こされているという論文が発表された。
この論文により当時不確かだった原子
および分子の存在が、実験的において証明出来る可能性が示された。後にこれは実験的に検証され、原子や分子が確かに実在することが確認された。」wikipediaより抜粋
現代化学の基本概念である、原子や分子の存在を証明することに大きく貢献した現象です。そしてこの現象は学校にある機材で簡単に観察することができます。
用意するのは修正液だけ。
スライドガラスにパンチで穴を開けたビニールテープを貼り、穴の部分に修正液を水で薄めたものに滴下して顕微鏡で観察します。
これは600倍で観察した修正液です。細かい粒子が不規則に運動していることがわかります。ブラウン運動です。アボガドロ定数は、このブラウン運動を元に計算して今の6.02×10^23という数字が出されたそうです。そんなすごい現象を簡単に観察できるなんてすごいことです。修正液のほか墨汁でも観察できるそうです。ぜひ、学校で観察してみてください。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す