ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

スプーン曲げは物理現象だった

calendar

超能力のお家芸といえばスプーン曲げですよね。このスプーン曲げ、実は物理現象だって知っていましたか?

スプーン曲げは物理現象

スプーン曲げを成功させるにはポイントがいくつかあります。

①安物のスプーンを使う

100均などで2本セットで売られてるものがいいです。確かめ方は磁石につくかどうか。ニッケルなどの含有量の違いがあるそうです。柔らかくてスプーンが曲げやすいです(笑)

②スプーンの持ち方

上の写真のように持ちます。小指の根元が支点、人差しが作用点になります。スプーンを曲げる時は親指をスプーンの先に移動させて力を込めます。(力点)
スプーンが曲がります。

③見せ方

手品の基本ですが、観客の目線をスプーンから反らせる必要があります。曲げる寸前に大きな声をだしたり、もう一方の手をお大げさに振るなどうまく見せるようにするといいです。
【番外編】
スプーン曲げで、スプーンを振るだけで折れ曲げる人がいます。金属疲労を利用すると同じことができます。
実験前にスプーンの首の部分を繰り返し曲げておきます。
なんども繰り返すと、感触が変わってきます。また、折り曲げた場所に細かい亀裂がはいっていきます。ギリギリまで金属を疲労させた状態でスプーンに振動を与えて、最後に左手で右手を叩いて振動させると
スプーンが折れます。言葉では伝わらないと思うので100均でスプーンを買って実際に試して見てください。面白いですよ。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

人間の生活と環境への影響
水生生物による水質調査
記録タイマー
more...