ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 実験・授業の情報 » ボーリングの球を水に入れると・・・

ボーリングの球を水に入れると・・・

calendar

今回はボーリングのボールを使った面白実験を紹介します。

ボーリングの球を水に入れると・・・

10ポンドのボーリングの球があります。持ってみるとズッシリと重たいです。どう考えても浮きそうにないです。
そーっと水に入れると・・・
浮いた!重いボールが浮いたー!マジか〜い!あまりの衝撃にいろんな意味で浮かれてしまいました(^_^;)
いやぁ、浮くんですね。
では、12ポンドではどうでしょう?
 
そーっと水につけていくと・・・
おーっ、今度は沈みました。どうしてこんなことが起こるのでしょうか?

 実験の解説

解説します。
ボーリングの球は全て同じ大きさ(体積)で5420㎤です。
重さはポンド数によってことなります。
10ポンドの球で4540g12ポンドの球で5440gです。ここまで言えばピンときた方といるのではないでしょうか?
そう、密度ですね。
水に浮くためには水の密度1g/㎤より密度が小さくなければいけません。浮力はその物体が押しのけた水の質量に等しいというやつですね。
今回の実験でいえば、体積5420㎤のボールが押しのける水の質量は5420gになります。まとめると同じ体積5420㎤で
水の質量→5420g
10ポンドの球→4540g(水より小さい)
12ポンドの球→5440g(水より大きい)
なーるほどザワールド・・・ということでボーリングの球を使った浮力の実験でした。なになに、ボーリングの球なんて学校にないのにどうやって実験するんだよ?
ですよね。うーん、ボーリング世代の管理職の先生にマイボールを持ってきてもらえるようにおねがいするのはどうでしょうか?ちょうど、10ポンドと12ポンドのボールを持ってきてくれるかもしれませんよ(笑)
created by Rinker
Columbia
¥75,348 (2020/10/20 19:00:28時点 Amazon調べ-詳細)

ふたばのブログが本になりました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...