ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

ボーリングの球を水に入れると・・・

calendar

今回はボーリングのボールを使った面白実験を紹介します。

ボーリングの球を水に入れると・・・

10ポンドのボーリングの球があります。持ってみるとズッシリと重たいです。どう考えても浮きそうにないですが、水に入れると・・・
浮いた!クララが浮いたー!・・・失礼しました。あまりの衝撃に浮かれてしまいました。
いやぁ、浮くんですね。
では、12ポンドではどうでしょう?
 
そーっと水につけていくと・・・
おーっ、今度は沈みました。どうしてこんなことが起こるのでしょうか?

 実験の解説

解説します。
ボーリングの球は全て同じ大きさ(体積)で5420㎤です。
重さはポンド数によってことなります。
10ポンドの球で4540g12ポンドの球で5440gです。ここまで言えばピンときた方といるのではないでしょうか?
そう、密度ですね。
水に浮くためには水の密度1g/㎤より密度が小さくなければいけません。浮力はその物体が押しのけた水の質量に等しいというやつですね。
今回の実験でいえば、体積5420㎤のボールが押しのける水の質量は5420gになります。まとめると同じ体積5420㎤で
水の質量→5420g
10ポンドの球→4540g(水より小さい)
12ポンドの球→5440g(水より大きい)
なーるほどザワールドです・・・ごめんなさい↓ということでボーリングの球を使った浮力の実験でした。なになに、ボーリングの球なんて学校にないのにどうやって実験するんだよ?
ですよね。うーん、ボーリング世代の管理職の先生にマイボールを持ってきてもらえるようにおねがいするのはどうでしょうか?ちょうど、10ポンドと12ポンドのボールを持ってきてくれるかもしれませんよ(笑)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す