ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

キャノンクリエイティブパーク

calendar

授業をしていると、どうしてもクラスによって進み方に差がでてしまいます。教師にとっては悩みのタネ。問題集やプリント学習にしてもいいのですが、せっかくなら生徒に
「授業がテキパキ進んでよかった。」
「早く授業が進めば楽しいことが待っている。」
と思わせたいものです。

 授業で活躍するペーパークラフト

私は、時間調整の一つとして科学ペーパークラフトを行っています。子どもは、いつも夢中で作っています。
そこでお世話になっているホームページがこちらです。↓
このホームページは、様々なペーパークラフトの型紙をダウンロードすることができます。理科の教師として嬉しいのは、「太陽の構造」、「地震の原理」「天動説と地動説のモデル」など科学ペーパークラフトがあるところです。
細部までよくできていて、子どもも楽しみながら、理科の学習ができます。演示にも使えるのですが、クラスで見せるには小さいので、書画カメラで拡大するといいと思います。太陽の模型の内部構造を見せるときなどは
「おー!」
と歓声がおこったりします。
ぜひ活用してみてください。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

水溶液の性質
圧力・水圧(浮力)・気圧
いろいろな力とその性質
more...