ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

アーテックのプレパラート「動物組織A、コケ・シダの生活」を買ってみた。

time 2018/07/20

安い理科、美術を中心とした教材屋さんとして有名なArTec(アーテック)さんの教材プレパラートを買いました。

アーテックのプレパラート教材

今回購入したのは、「動物組織プレパラートA」と「コケ・シダの生活」です。

動物組織プレパラートA

動物組織プレパラートAは、ヒドラ、ゾウリムシ、ミジンコ、ミドリムシ、プラナリアの5種類。授業では、生体を見せるのが一番ですが、すべての生体を用意するのはとても大変なので、学校に一つあったら演示で使えていいと思います。

顕微鏡で見たところ

1ヒドラ

60倍

熱帯魚を買っている人にはやっかいもののヒドラ、でも、子どもたちには大人気です。ゴジラの宿敵キングギドラのモデルでもあります。

2ゾウリムシ

150倍

「な、なんじゃこりゃー!」

と驚いてしまいました。なぜかって?ゾウリムシがめっちゃカラフルだったからです(笑)生徒に見せるときは「実際はこんなにカラフルではないよ〜」と伝えないと勘違いしてしまいそうです。

 

600倍

とても見やすいですが、やっぱりゾウリムシは動いているのを見せたいと感じました。せん毛があることもわかりにくいです。

3ミジンコ

微生物?といっていいのかわかりませんが、みんなのアイドルミジンコさんです。ミジンコさんも田んぼにはたくさんいるので、ぜひ生体を見せてあげてください。

ミジンコについての過去記事

池や川の水の微生物を観察しよう

ミジンコ図鑑「Daphnia」が面白い

4ミドリムシ

150倍

 

カラフル過ぎて、もはやよくわかりません(笑)

600倍

ミドリムシはとても小さく、生体を顕微鏡で観察するのはとても大変です。生体を見せたあとに見やすいプレパラートで示すといいと思いました。

5プラナリア

でかすぎて顕微鏡で見ると怪物のように見えます(笑)

プラナリアも理科好きのアイドルですね。

プラナリア(ウズムシ)切断大実験

コケ・シダの生活プレパラート

コケ・シダは、新しく学習指導要領に入ってきた単元です。コケについて「雄性株、雌性株、胞子のう、杯状体」シダについて「胞子、前葉体、幼胞子体、胞子のう、茎の断面」の全9つのプレパラートが入っています。それぞれの生活環を見せることができます。

顕微鏡で見たところ(コケ)

1雄性株

60倍

2雌性株

60倍

3胞子のう

4杯状体

杯状体という言葉を初めて聞きました。調べてみました。

杯状体とは

ゼニゴケ科に属するコケの体表面にできる無性生殖の器官。コップ状で、中に多数の無性芽が生じ、これを雨水などで流して新個体とする。

勉強になりました。

5胞子

150倍

これは教科書でおなじみですね。中に胞子が詰まっています。感想して飛んでいく姿を生徒に見せたいですね。

過去記事はこちらから

授業で見せたい動画58 胞子の飛ばし方②イヌケホシダ

6前葉体

150倍

こちらもおなじみ。ハート型の前葉体です♡可愛いですね。

ツルシノブ(カニクサ)の胞子と前葉体の観察実験

7幼胞子体

60倍

前葉体からなにやらニョキニョキ生えてきています。幼胞子体といってシダの赤ちゃんです。可愛いです。

8胞子のう

9茎の断面

60倍

シダ植物の特徴である。根、茎、葉の区別がある理由がわかるプレパラート。道管を観察することができます。

まとめ

授業では、生体を見せるのが一番ですが、様々な雑務に追われてなかなか準備ができない先生も多いと思います。このようなプレパラートが一つあれば、演示実験でつかうことができます。また、生体を観察させたあとのまとめの授業に使うこともできます。うまく活用してみてください。

アーテックさんは他にも様々なプレパラート教材を販売しています。値段も安いのでこちらもうまく活用してみてください。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万5千pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate