ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 授業で見せたい動画(授業で使える動画) » 授業で使える動画59「二酸化炭素の液体」

授業で使える動画59「二酸化炭素の液体」

calendar

中学校一年生、状態変化(物質の三態)の単元でつかえる実験です。
二酸化炭素は常温で気体。大気の約2パーセントを占め、小学校で石灰水の実験や植物の授業など、生徒の関わりの高い物質です。
固体はドライアイスとして家庭でも使われ、身近な物質で昇華が観察することができます。
そんな身近な二酸化炭素ですが、「液体」の状態を見たことのある人は少ないのではないでしょうか?それもそのはず
二酸化炭素は常圧下では融点がなく、昇華点が-78.5℃となります。液体にはなり得ないんですね。でも、二酸化炭素を液体化する方法があります。その方法とは圧力をかける。例えば5.2気圧では融点が-56.7℃となり、液体の二酸化炭素を観察することができるのです。イメージとしては気体の二酸化炭素に圧力をかけることで無理やり液体にするという感じでしょうか?

実験方法

準備物

外形10mm、内径7mmの塩化ビニルのチューブ、ペンチ、ドライアイス
  1. チューブの端をペンチで折り曲げる
  2. ドライアイスを細かく砕き、チューブの8分目くらいになるように詰める
  3. 素早くチューブを折り曲げて、ペンチでしっかりとはさむ。
  4. ドライアイスがチューブ内に均等に行き渡るように振動を与える。
  5. しばらくするとチューブ内の気圧が上がり、液体の二酸化炭素が観察できる。
  6. ペンチを緩めて減圧すると再び凝固してドライアイスとなる。
この実験は、圧力をかけて液体化した二酸化炭素を見ることも意外性があり面白いですが、チューブを圧したときに液体の二酸化炭素が再度固体になるというところも面白いと思います。子どもたちのイメージでは、状態変化と温度は結びついていますが、状態変化と圧力は結びついていません。合わせて、山の上では沸騰が下がることや、減圧するだけで水を沸騰させることができることなどを示せばはらに興味関心を高められると感じました。
 

減圧沸騰の動画


富士山頂での水の沸騰温度計測実験

ふたばのブログが本になりました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...