ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

コミュニケーションカードゲーム②「人狼ゲーム」

time 2015/01/15

私がボードゲームを教育に活かせると感じたキッカケになったのが人狼ゲームです。テレビ番組で取り上げられたこともあるので知っている人もいるかもしれません。

人狼(汝は人狼なりや?)

人狼ゲームは、市民チームと人狼チームに分かれ、会話をしながら相手の正体を見抜いていくゲームです。プレイヤーは、配られたカードで自分の役割を確認しますが、他の人がどんなカードを持っているかは知ることはできません。しかし、「人狼」のカードを引いた人たちだけは、自分の仲間を知ることができます。人狼チームは、自分たちが狼であることを悟られないように、市民チームに潜り込みます。市民チームになった人は、お互いに協力して誰が人狼なのかを推理し、多数決によって容疑者を処刑します。
簡単に言うとコミュニケーションによって相手の正体を見破るゲームですね。このゲームの奥が深いところは、選択した相手が狼かどうか知ることができる
占い師や村人一人を狼から守ることができる騎士などこ特殊能力をもったキャラクターがいるところです。言葉では難しいと思うので詳しく知りたい人は下の動画をご覧ください。

フジテレビ人狼ゲーム1


フジテレビ人狼ゲーム2

いやぁ、面白いですね。
しかし、人狼ゲームを学校で行うにはいくつか問題点があります。第一に8人から9人という人数が必要なこと。これは、学校なら解決できますね。第二に人狼を知り尽くした司会者が必要なこと。教師も人狼の勉強をしなければなりません。第三にルールが難しい。そして第四にゲームの途中に脱落者がでてしまい、脱落者はゲームに全く参加できないということ。
第一、第二の問題点はなんとかなりますが、第三、第四の問題はなんともなりません。どうにかならないか色々調べたところ•••ありました。これらの弱点を解決したゲームがこちらです。

ワンナイト人狼

ワンナイト人狼は、その名の通り昼、夜それぞれ1ターンで終わる人狼ゲームの簡易版です。簡易版ですが人狼ゲームの奥深さは変わりません。3人からプレイ可能でカード枚数も8枚と少ないため各班でゲームを行うことが可能です。
これならクラスでも使いやすいですね。班長会議などで使ってみたいと思います。

↑実際にプレイしている動画です。
追記です。

手作りワンナイと人狼

名刺用のラベル屋さんを使ってワンナイト人狼を作りました。
今度、家族とやってみたいと思います。
生徒にやらせるのが楽しみです。


down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万5千pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate