ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 実験・授業の情報 » ソニーがペルチェ素子を使った着られるエアコンを開発!

ソニーがペルチェ素子を使った着られるエアコンを開発!

calendar

ペルチェ素子といえば、エネルギー変換の授業ででてくる電気エネルギーを熱エネルギーに変換したり、熱エネルギーを電気エネルギーに変換できる装置。授業ではさらっと流しがちなペルチェ素子ですが、今回ソニーがペルチェ素子を使った着られるエアコンを開発したという情報をゲットしました。

ペルチェ素子を使った着られるエアコン

ソニーはクラウドファンディングでお金を集め、首を暖めたり冷やしたりできるウェアラブルデバイス「REON POCKET」(レオンポケット)を開発をすると発表しました。目標金額は6600万円で、目標額に達したら支援者に製品を発送するそうです。

服首元に埋め込むペルチェ素子

授業で使うペルチェ素子より大きめのようです。

[amazon_link asins=’B06VWV8DYF’ template=’original’ store=’futabagumi0e-22′ marketplace=’JP’ link_id=’fdded9e6-cc28-4f9a-b185-3498fbf78b64′]

↑授業で使われるペルチェ素子

服にはペルチェ素子をはめるポケットがついているようです。ペルチェ素子は電流を流すことで片面が発熱、もう片面が冷却するという特徴があります。ということは、ペルチェ素子を反転させることで夏は冷却、冬は加熱と季節に関係なく使えるということになります。そう考えると便利ですね。本体のサイズは54(幅)×20(奥行き)×116(高さ)ミリ、重さは85グラム。リチウムイオン充電池を内蔵し、2時間の充電で連続約90分間使えるそうです。安全面に配慮して、30分間使うと自動で停止するようになっている。スマホのアプリで電源や温度を操作できるようです。未来ですね。ということでペルチェ素子をつかったウェアラブルデバイス「REON POCKET」のご紹介でした。エネルギー変換の授業でぜひ生徒に見せたいと思いました。

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...