ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » ICT活用 » Google 教育向けChromeOSタブレット VS Apple Pencil対応 第6世代iPad 教育界のタブレット戦争

Google 教育向けChromeOSタブレット VS Apple Pencil対応 第6世代iPad 教育界のタブレット戦争

calendar

現地時間2018年3月27日、Appleが開催した教育向けイベントで第6世代新型iPadを発表しました。これまでiPadProにだけ対応していたタッチペンApplePencilに対応することがわかりました。

また、AppleのライバルとなるGoogleは、前日の2018年3月26日ChromeOS搭載タブレットを教育機関向けに提供すると発表しました。同日台湾の会社Acer(エイサー)が「Chromebook Tab 10」を発表しました。こちらは9.7インチでワコムのEMR採用のスタイラスペンが付属します。

双方とも教育向けを意識して作られた教育タブレットです。Appleの発表会の前日にGoogleが発表を行ったことで、教育界のタブレット市場の争奪戦が始まることが伺えます。

スタイラスペンで何ができるのか

教育用タブレットとして大切なこと。それは「ペン」が使えることです。ペンには無限の可能性があります。まずは教師がその可能性を知るべきです。下の動画はある先生がApple Pencilの使用例について説明したものです。

テスト作りなどにも活用できるんですね。生徒に使わせる前に、教師として活用法をマスターしておきたいです。

気になる価格

気になる価格は、Appleの第6世代iPadが329ドル、GoogleのChromebook Tab 10が239ドル。ApplePencilは別売りで1万円程度することを考えると、価格面ではChromeOSのコストパフォーマンスが光りますね。しかし、タブレット界を率いてきたiPadの充実したアプリと画面の美しさはさすがです。目移りしてしまいますね。iPadはwi-fi版、cellular版で価格が異なるのでアップルのホームページで確認してください。

教育界のタブレット事情

YouTubeでそれぞれの動画を見つけました。2つとも動画の題名に「education」の文字が入っています。今回の2つの商品は教育を強く意識したものだということがわかります。

デジタル教科書の普及に向けて

デジタル教科書の普及が進んでいます。平成31年4月1日には、視覚障害や発達障害などの児童生徒に向けて全教育課程でデジタル教科書が使えるように学校教育法改正案が閣議決定されました。

詳しくはこちらの記事を御覧ください(ResMom.esMom.Biz)

今後、この動きはさらに大きくなっていきます。全国の小中学校の生徒が教科書ではなく、タブレットをランドセルに入れて登校する姿が当たり前になるかもしれません。年々分厚く、重くなる教科書を持っている子どもたちのことを考えるといい流れかもしれませんね。「画面では頭に入らない」という主張もあります。様々な考え方がありますが、画面の照度の問題など、目への負担などを下げる技術が向上すれば実質紙と変わらなくなるのではないでしょうか。2018年は教育会のタブレット元年になるはずです。少子高齢化が進む今、タブレットなどのICT機器をうまく活用して子どもたちの学力を育み、「少数精鋭の技術大国日本」を作り上げていきたいものです。

Acer Chromebook tab10の動画

Apple 2018 iPad education eventの動画

カエルの解剖もデジタルで行えます(笑)理科教師としては、さすがに解剖は実物で行う方がいいと思いました・・・。「デジタルで手順を学んでから実験する。」もしくは、「実験した後にデジタルでまとめる。」など、適切な活用法については教師などの知恵が必要ですね。IT関係者と教育者の協力が必要だと感じました。

ふたばのまとめ

ちなみにふたばは教育界で大活躍Chromebookを使っています。今回のタブレットについても価格を考えると「Chromebook Tablet 10」に傾いています。弟がiPad第6世代を買おうとしていたので、もし2つとも手にいれた際は、比較記事をブログにあげたいと思います。ご期待ください。

Chromebookについてはこちらの記事を御覧ください。

ASUS Chromebook Flip C101PAを買いました

ふたばのブログが本になりました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】


100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]

【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...