ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

2018年1月31日は皆既月食

calendar

2018年1月31日は、日本全国で月食を見ることができます。

部分食の始めから終わりまでを見ることのできる、たいへん条件のよい皆既月食が起こります。

Super Blue Blood Moon

皆既月食中、月は真っ黒に見えなくなるわけではありません。屈折率の関係で赤色に見えます。アメリカではSuper Blue Blood Moon(青い血の月)と呼ばれているそうです。なんだか怖いですね。歴史書にも不吉な予兆として書かれている事が多いです。確かに昔の人にとって、急に月が欠けていき全部欠けたと思ったら赤い月が現れるなんて恐怖以外の何ものでもないですもんね。

月は夜の8時48分に欠け始め、9時51分には完全に欠けて皆既月食になります。皆既月食は1時間17分続き、11時8分には輝きが戻り始め、夜中の12時12分に元の丸い形となるようです。

部分食の始め 1月31日20時48.1分
皆既食の始め 21時51.4分
食の最大(食分) 22時29.8分(1.321)
皆既食の終わり 23時08.3分
部分食の終わり 2月1日0時11.5分
今から楽しみです。中学3年生はちょうど天体の単元ではないでしょうか。ぜひ授業で声をかけてあげてください。

NASAは月の映像をリアルタイムでストリーミング配信しています。曇っていたり雨の場合はストリーミング配信で見てみてください。

↓クリック

リアルタイムの月の映像(NASA)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...