ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

木星探査機ジュノーの軌道がmitakaで見れる!

time 2016/07/20

3年生宇宙の惑星の単元で使えるこネタです。この前何気なくネットを開いているとGoogleのロゴが不思議なイラストになっていました。↓
image
気になりクリックしてみると「木星探査機 ジュノー」が木星の軌道突入に成功したことを記念して作られたということがわかりました。ジュノーについては下をご覧ください。

木星探査機 ジュノーをmitakaで!

image

「ジュノー (Juno) は、NASAの木星探査機である。中規模の太陽系探査を行うニュー・フロンティア計画の一環として行われる。打ち上げ予定は当初2009年6月だったが、予算上の制約により2011年8月へ延期され、8月5日に打ち上げられた。2013年10月9日には地球スイングバイによる増速に成功した。打ち上げから約5年後の2016年7月5日、木星の極軌道への投入に成功、木星の組成、重力場、磁場、極付近の磁気圏の詳細な調査を行う予定である。2016年7月5日13時08分に観測に必要な周回軌道への投入に成功した。
ジュノーには、木星を観測し、木星の衛星を発見したことで知られるイタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイの記念プレートと、LEGO人形3体(ローマ神話の神ジュピター、その妻ジュノー、およびガリレオ)が搭載されている。」
出典:「wikipedia」https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ジュノー_(探査機)

ジュノーは全惑星の中で最も質量の大きい木星の重力で加速しつづけたため、その速さは時速26万kmと人工物の史上最速記録に迫る勢いでした。時速26万kmって10分で地球一周できる速さですよね?・・・速すぎる!

出典:「NASA」http://www.missionjuno.swri.edu

前にブログで書きましたが、ふたばは宇宙の単元を教える際にシュミレーションソフト「mitaka」を使っています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

タブレットに入れたい授業で使えるフリーソフト4「Mitaka」

そして、mitakaを作っている今回国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2U Project)が今回「Mitaka」v1.3.2の最新版を公開しました。
気になるト内容こそ3Dほかにも、水星の地形と地名が表示可能になったり、テクスチャ
ーが更新されたり、プラネタリウムモードで水星や金星の太陽面通過を見ることができるようになったそうです。 
↑宇宙シュミレーションソフトmitakaによる映像。宇宙を自由自在に飛び回ることができます。美しい映像は何分見ていても飽きません。
image
↑mitakaで見るジュノーの軌道
image
↑mitakaで見るジュノー探査機・・・カッコいい
この素晴らしいソフトが無償で使えるなんて本当に素晴らしいと思います。
mitakaとGoogle Earthは10万円で売っていても買う人は絶対たくさんいます。そんなソフトを授業に利用しない手はありません。1人でも多くの理科の先生や理科好きの人に使ってもらいたいと思いました。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月4万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate