ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

網膜に直接映像を投影する「網膜走査型レーザアイウェア」がすごい

calendar

二年生の人体、目の単元で使えそうな情報です。視力に障害がある人でも、ものを見ることができるかもしれないという夢のある情報をFJITSUの関連会社の「QDレーザ」が発表しました。

網膜を直接刺激

「CEATEC JAPAN 2016」で最高賞の「経済産業大臣賞」と「米国メディアパネル・イノベーションアワード グランプリ」を受賞しました。

網膜走査型レーザアイウェア

仕組みは、中学生でも理解できるものです。メガネの内側には小さなプロジェクターが搭載されています。内蔵カメラで撮影した映像や外部入力した画像データを網膜に直接走査します。眼球を通して、直接、網膜に像を結ばせることで映像を見せるというものです。

人でいうレンズのはたらきを担います。直径1㎜以下のレーザーを使うことで眼球奥の網膜に直接光を届けることができるそうです。仕組みは簡単ですがすごい技術力ですね。授業の中で触れてみてはいかがでしょうか?

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...