ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 実験・授業の情報 » 被子植物について「バラ」から学ぶ

被子植物について「バラ」から学ぶ

calendar

登校途中にあるお庭にバラが咲いていました。下の写真です。

この一枚の写真を生徒に見せて何がわかるか考えさせたいです。実はこの1枚の写真には、被子植物の花の成長の様子がおさめられているんです。

花の一生

①花びら(花弁)

分かりやすい大きく綺麗な花です。被子植物ということがわかります。

②がく

花びらの裏側にはがくがあります。

受粉し、花びらが散ると子房とがくだけが残されます。少し切ない感じです。

③子房→果実

子房が膨らみ果実となりました。

④果実がへニョへニョに

果実が熟れてシワシワになってました。この後どうなるかを考えてもおもしろいです。

ということで花の一生を感じる写真でして。庭先にも生徒に伝えたい教材はたくさんあります。いつも登下校でも教材探しをしてみてください。

ドラえもんと被子植物

ちなみにふたばはドラえもんで被子植物について学びました。

植物改造エキス〜

大長編ドラえもん「のび太の大魔境」にでてくる「植物改造エキス」という道具です。芽が出て膨らんで花が咲いて実がなって〜♪とドラえもんが歌いながら、植物の成長について教えてくれました。なった実にはカレーやラーメンが入っていて夢があるなぁと思いました。

大長編ドラえもん「のび太の日本誕生」にでてくる畑のレストランも似たような秘密道具です。こちらはカブのような植物を割ると中から食事がでてきます。畑のレストランは、神奈川県川崎市にある「藤子・F・不二雄ミュージアム」で実際に食べることができます。ドラえもんについてはこのブログでも何回か紹介しています。ドラえもんから学んだことは多いなぁと改めて感じました。

出典:話題の画像plus

ドラえもんで道徳「のび太は独裁者?!」

https://futabagumi.com/archives/8746.html

 

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す