ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 教師に役立つ情報 » 「仕掛け学」を学校教育に活かす

「仕掛け学」を学校教育に活かす

calendar

みなさんは仕掛け学(仕掛学)という言葉をご存じでしょうか?仕掛け学は、大阪大学大学院 経済学研究科教授 松村真宏先生が考えた、人の行動を変える「仕掛け」についての学問です。

仕掛けの目的は人の行動を変えることです。しかし、行動の変化を強制するのではなく、自然に目的とする行動を行わせるように導きます。北風と太陽でいう太陽の方法ですね。

松村真宏先生曰く良い仕掛けとは、

  • 誰もいやな思いをしない
  • 強制されずついやってしまう
  • 仕掛ける側と仕掛けられる側の目的が異なる

という3つの条件を満たしたものをいうそうです。

例をいくつかあげます。

エスカレーターではなく階段を使わせる仕掛け

健康や筋力のことを考えると階段を使った方がいいことはわかっていますが、エスカレーターと階段が並んであると、どうしてもエスカレーターを使いがちです。では、どうすれば階段を使ってもらうことができるでしょうか。こんなときに「仕掛け学」が役立ちます。その方法とは・・・

 

「階段を鍵盤にして、踏むと音が鳴るようにする」です。たくさんの人が楽しみながら階段を利用するようになります。上の三つの条件もしっかりと満たしていますね。

病院の玄関で消毒をしてもらいたいときの仕掛け

病院には免疫力が低い人も多く、来院者にはしっかりと消毒をしてもらいたい。でも、めんどくさいのか中々消毒をしてもらえないのが現状だったそうです。そんな病院側が考えた仕掛けがこちら・・・

病院の入り口に真実の口を置いたんです。もうお分かりですね。真実の口に手を入れると消毒液がでる仕組みをつくったんです。これによって、それまで来院者の0.5%程度しか利用しなかった消毒液の利用が20%まで増えたそうです。学校でもこの仕掛け学はとても役立つと思います。というよりは、学級経営が上手い先生は、この仕掛け学を知らず知らずに活用していると感じました。松村先生による仕掛学の本もあるので、気になる方はぜひ読んでみてください。

created by Rinker
¥1,650 (2020/08/07 21:04:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
東京ニュース通信社
¥1,320 (2020/08/08 14:26:39時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]

【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder デジタル教材・プリント教材

太陽の一日の動き
温帯低気圧の一生
原子の性質
more...

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...