ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 教師に役立つ情報 » 自閉症スペクトラム症の子どもの見え方

自閉症スペクトラム症の子どもの見え方

calendar

自閉症の子どもたちの目には世界はどんな風に見えているのでしょうか?

イギリスの自閉症協会がそんな自閉症の子どもたちから見た世界を再現した動画「Can you make it to the end?(あなたは最後まで耐えられる?)」を制作しました。

Can you make it to the end?

自閉症の子どもが母親と一緒にショッピングモールに出かけています。自閉症の特徴は、対人関係の困難さ、こだわりや限定的な興味、想像力の困難さ、感覚の過敏や鈍感さが挙げられます。といっても、一人ひとり症状は異なります。この動画では、特に感覚の過敏さがどのように影響するのかを表しています。私達は普段何気なく生活していますが、雑音をシャットアウトしたり、必要な情報にだけ集中しています。街の中で話をすることができますが、録音して後で聞いてみると、雑音が大きく何を言っているのかよくわからないはずです。私たちは必要ない情報を脳で自動的にカットしているんです。しかし、自閉症の子どもたちは情報がそのままの状態で入ってきます。光や音、匂いなどショッピングモールは刺激が絶え間なく入ってくるのです。自閉症の子どもたちが耳を塞いだり、目をつぶったりするのはあふれる刺激から身を守っているのです。それでも情報が入り続けると、メルトダウン(パニック)を起こしてしまうこともあります。ある人は、小銭を落とした時の音が耳元で大音量で聞こえるそうです。急に耳元で大きな音がなるなんて想像するだけでしんどいですよね。私達も疲れているときやリラックスしたいときは、テレビを消したり電気を暗くしたりするはずです。自閉症の子どもたちにとって、私達が何気なく生活している世界は生きづらい世界なのかもしれません。以前記事にしましたが、音のない時間帯を設けたスーパーもあります。誰もが生きやすい世界を作っていきたいと感じました。

騒音が苦手な自閉症の人のため、「音のない時間帯」を設けたイギリスのスーパー

 

ふたばのブログが本になりました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...