ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

小学一年生の40÷5の解き方が話題に

calendar

Twitterで小学一年生の息子と父親の会話が話題になっています。きになる内容は40÷5=8の解き方についてです。

小学生が考えた40÷5=8の解き方

小学一年生にして割り算に挑戦している時点ですでにすごいのですが、会話を聞くとさらに凄さが更に際立ちます。
ツイートの主はロボ太(@kaityo256)さんです。ロボ太さんとロボ太さんの息子さんの会話の内容を下に記載します。
 

ーツイートの内容ー
ロボ太「40割る5は?」
息子「えっと、5+5が10でしょ? 4+4が8でしょ? だからこたえは8」
ロボ太「待って俺の理解が追い付いてない」
 
・・・かけ算を習っていないロボ太の息子さんはどのように割り算を解いたのでしょうか?ネット上には様々な考察があります。
 
40÷10=4と10÷5=2に分解したという説
5+5=10をしてから40を10で割って、その後2倍にした説
 
などなど様々な意見があります。どのように解いたにせよ、AIが普及していく、これからの時代。学校に求められていくものは答えそのものよりも、どのようにその答えにたどり着くのかを柔軟に考えられる力なのかもしれないと感じました。
 
 

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...