ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

摂氏℃と華氏℉からせまる10等分のしんどさ

time 2016/11/04

温度を表す単位に摂氏(℃)と華氏(℉)があります。日本では摂氏を使うのが普通なのでアメリカなどに旅行に行った時にテレビで温度を見ても華氏表示でびっくりすることがあります。では、この摂氏と華氏はどのように決まったのでしょうか?

<℃ができるまで>

まずは日本でもおなじみの摂氏。℃と表し、セルシウス度と呼びます。スウェーデンの天文学者のアンデルス・セルシウスさんが1742年に考案したものが元となっていますです。水の融点(凝固点)を0、沸点を100として、その間を100等分して温度を表すのがセルシウス度です。摂氏と書くのはセルシウスの中国語読みの頭文字の摂に人名につける接尾辞の氏をつけたからです。

<℉ができるまで>

一方華氏は、℉と表します。ファーレンハイト度と呼びます。摂氏と同じくファの音を中国語では華と書き、氏をつけて華氏とよぶようになりました。ファーレンハイトはドイツの物理学者でした。彼は自分の体温を100度、身の回りで最も低い温度を氷、塩化アンモニウム、水で作り出し、これを0度としたという説がある。ファーレンハイト度はこの差を12等分し、その後8等分することで96に分けた。結果として、水の融点が32℉、沸点212℉となり、180に区切られることとなった。
℃と℉の大きな違い最高温度と最低温度を10を基準に区切っていくか、2を基準に区切っていくかです。
どういうことか紙を例として考えてみます。
↑A4の紙を4分の1に切ったものです。これを10等分できますか?
半分の半分の半分の・・・と折り目をつけてみても10等分はできません。
10等分するためにはまず、3等分します。方法は上の写真のように斜線を作ります。
相似な3角形の比の関係で3等分することができます。
↑3等分した紙
3等分した線を利用してさらに5等分の線を引きます。
↑完成
↑三角形の比の法則を使います
5等分ができたらそれぞれの中心線を引けば10等分することができます・・・苦労しますね。10等分や100等分はとても大変だということがわかります。
反対に華氏のように96等分は簡単です。私たちが快適に暮らしている裏側には先人達の並々ならぬ苦労があることがわかるお話でした。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月45000pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate