ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

タバコが胎児に与える影響がわかるエコー写真

time 2016/05/17

喫煙防止の取り組みはどの学校で行っています。しかし、
「うちの学校は誰1人としてタバコを吸っている生徒はいません。」
と胸を張って言える学校は日本にいくつあるのでしょうか?未成年による喫煙は中学校の教師にとって共通の悩みの種ですね。
今回紹介するのは、そんな喫煙防止の授業や講演で使えそうな情報、タバコを吸った妊婦のお腹の中の赤ちゃんのエコー写真の様子です。

妊婦がタバコを吸うと・・・

妊婦の喫煙は、自分の体だけでなくお腹の赤ちゃんにも大きな悪影響を与えると言われていました。未熟児や、生まれつき障害を持つ可能性が高まるなど様々な報告がされています。今回は可能性が高まるといった報告ではなく、喫煙中の妊婦のお腹の中のエコー写真をとることで、タバコが赤ちゃんの動きに影響を与えることがわかりやすく伝わるのではないでしょうか?

英ダラム大学のNadja Reissland氏らがおこなった研究によると、妊娠24~36週目までの胎児20人のエコーを撮ったところ、妊婦の喫煙は胎児の口や手の動きに影響し、中枢神経の発達に欠陥が生じる可能性があることがわかったそうです。

下の写真は、タバコを吸わない妊婦のお腹のエコー写真です。胎児はリラックスしてじっとしています。

非喫煙者の妊婦の胎児

image

一方下の写真は、1日に平均で14本タバコを吸う妊婦の胎児です。落ち着きがなく、しきりに手を動かし、顔を触っているのがわかります。

喫煙者の妊婦の胎児

image

この状態は、ひどいストレスを感じていたり、うつの症状がある妊婦の胎児と似ているそうです。しかし、喫煙者を母親に持つ退治への悪影響はうつ以上のようです。胎児がお腹の中で口を動かしたり自分を触ったりするのはよくあることですが、通常は成長が進むにつれて運動機能が発達し、こういった行動は減ってくるそうです。喫煙者の胎児のこのような行動の理由について研究者は、顔の動きなどをコントロールする中枢神経がニコチンにさらされると、成長の仕方や速度が正常ではなくなるからではないかと推測しているそうです。

喫煙者と非喫煙者を母親にもつ胎児の比較

image

喫煙者の母親をもつ胎児。私には、お腹の中で「お母さん苦しいよう」ともがき苦しんでいるように見えます。悪い誘いが増える中学生。喫煙の影響をしっかりと伝えていくのが私たち中学教師の責任だと思いました。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月45000pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate