ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

キモい展に行ってきました⑤

time 2017/08/11

※このページでは、ふたばがキモい展に行ってきて、感じたことを書いていきます。通常のブログとは違い、授業で使えるかどうかはわかりません。興味のない方は読み飛ばしてください。

キモい展に行ってきました⑤

科学館や動物園、水族館に行ったときのお楽しみがミュージアムショップ(おみやげやさん)です。今回はキモイ展のミュージアムショップについて書いていきます。

初めに目に飛び込んできたのは、「4D Visionシリーズ」です。一時、買おうか悩んで結局買わなかった4D Visionのカタツムリとカエル。

脊椎動物と無脊椎動物の違いを教えるときいに使えそうなんですが、勢いで買うには値段が高いんですよねぇ・・・うーん、もう少し悩みます(笑)他にも恐竜やキリンなど様々なシリーズがでています。臓器を取り外してパズルのように遊ぶこともできるので知育玩具としてもいいですよ~。

続いて目に飛び込んできたのは ・・・なんだこりゃ?

ゲテモノれんげ!?

レンゲにサソリやあ芋虫、幼虫などがプリントされていて、ゲテモノを食べている気分になれるようです・・・売れるかなぁ?

こちらは、お皿にプリントされた、ムカデ皿とゴキブリ皿です(笑)

ゴキブリがプリントされたアメちゃん、ちゃん付けしても全然かわいくないです。昔、本物の食用ゴキブリが入ったゴキブリ飴が売られていましたが、今回お土産屋さんにはなかったです。

キモい展のトートバッグ。500円とお買い求めやすい。

キモい展オリジナルグッズがたくさんありました。タオルが使いやすそうでした・・・がプレゼントには送りにくいです。

オリジナルグッズとは別に、キモイ展のイメージキャラクターになってるアンガールズの田中とのコラボレーショングッズもたくさんありました。

個人的に気に入ったのがこちら「深海生物カット焼きのり」。シュールさがたまりません。

ダイオウグソクムシの茶こし!渋すぎる!

他にも幻の深海魚ラブカの人形や

セアカゴケグモの人形がありました。

ふたばの大好きながちゃもおかれていました。こちらは本物の昆虫入りのキーホルダー。

キモい展オリジナルキャラクターのクリアキーホルダー。記念にやろうとおもいましたが、400円という価格にしり込みしてしまいました(笑)

ひとまずキモいまんじゅうだけ買いました(笑)

おみやげものやさんにクモの脱皮した抜け殻が展示されていました。クモって脱皮して大きくなるんですね。知りませんでした。

きれいに脱いでいます。背中の部分だけ穴が開いていました。ここから脱いだんですね。

キモイ展、いかがでしたでしょうか。こういった小さなイベントは、コアなファンにはたまらないですね。来年は何をしてくれるのか楽しみです。出入り口にパンフレットがありました。

うっ「うんこ展」!?い、行きたい!!場所は?・・・周南市?調べてみると山口県でした・・・遠すぎる。山口県の先生、行かれた方がいましたら教えてくださ~い。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate