ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 道徳・総合的な学習 » キングカズこと三浦知良選手の生き方

キングカズこと三浦知良選手の生き方

calendar

道徳で元プロサッカー選手の三浦知良選手の生き方について授業を行いました。

ロスタイムのつづき

道徳教材は「ロスタイムのつづき」をつかいました。教材の内容は、主人公が中学校の進路希望調査に「ブラジル」と書いた三浦選手の気持ちを考えたり、ワールドカップのメンバーから外されるなどの幾多の挫折を乗り越えてきた三浦選手から生き方を学んでいくというものでした。私が授業で取り上げた時はYouTubeの動画をつかいました。

授業の流れ

はじめにパソコンで三浦知良選手の写真を見せました。
↑この人は誰でしょう?
世代の違いですね。ほとんどの生徒が知りません。そこで2枚目の写真。
↑この写真をみるとサッカー選手ということがわかります。
↑この写真で日本代表の選手だとわかります。

三浦知良のゴールシーン

↑三浦選手を知らない生徒がほとんどなので、三浦選手のゴール集を見せました。サッカー部の生徒は興奮していました。

キングカズ「ぶれない心を持つ男」

↑そして、三浦知良選手の半生を特集したテレビ番組を見せました。三浦選手がキングカズと呼ばれている理由がわかります。三浦選手なしに今のサッカー界はありえません。
三浦知良選手のことをある程度教えた後に道徳教材「ロスタイムのつづき」を読みました。読み終えた後にワークシートを書かせました。ワークシートには
「進路希望調査にブラジルと書いた三浦選手は覚悟がある」
「逆境に負けない大切さを学んだ」
など多くの感想が書かれていました。
最後に少しお遊びとしてキングカズこと三浦知良選手について生徒が興味を持ちそうなエピソードをお話しました。

キングカズの伝説

たとえば、
コンビニにいくときもスーツに着替える。
洋服専用よマンションを所有している。
試合前に食べるものは炭水化物(パスタ、オリーブオイル、塩)のみ。
なでしこジャパンがワールドカップで優勝したとき、選手全員にバラの花をプレゼントした。
などなど「さすが三浦選手!」と思わせるようなエピソードがたくさんありました。
授業をして、私自信ご、公私ともに三浦選手から学ぶことはたくさんあるなと感じました。

ふたばのブログが本になりました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...