ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

キングカズこと三浦知良選手の生き方

time 2015/01/29

道徳で元プロサッカー選手の三浦知良選手の生き方について授業を行いました。

ロスタイムのつづき

道徳教材は「ロスタイムのつづき」をつかいました。教材の内容は、主人公が中学校の進路希望調査に「ブラジル」と書いた三浦選手の気持ちを考えたり、ワールドカップのメンバーから外されるなどの幾多の挫折を乗り越えてきた三浦選手から生き方を学んでいくというものでした。私が授業で取り上げた時はYouTubeの動画をつかいました。

授業の流れ

はじめにパソコンで三浦知良選手の写真を見せました。
↑この人は誰でしょう?
世代の違いですね。ほとんどの生徒が知りません。そこで2枚目の写真。
↑この写真をみるとサッカー選手ということがわかります。
↑この写真で日本代表の選手だとわかります。

三浦知良のゴールシーン

↑三浦選手を知らない生徒がほとんどなので、三浦選手のゴール集を見せました。サッカー部の生徒は興奮していました。

キングカズ「ぶれない心を持つ男」

↑そして、三浦知良選手の半生を特集したテレビ番組を見せました。三浦選手がキングカズと呼ばれている理由がわかります。三浦選手なしに今のサッカー界はありえません。
三浦知良選手のことをある程度教えた後に道徳教材「ロスタイムのつづき」を読みました。読み終えた後にワークシートを書かせました。ワークシートには
「進路希望調査にブラジルと書いた三浦選手は覚悟がある」
「逆境に負けない大切さを学んだ」
など多くの感想が書かれていました。
最後に少しお遊びとしてキングカズこと三浦知良選手について生徒が興味を持ちそうなエピソードをお話しました。

キングカズの伝説

たとえば、
コンビニにいくときもスーツに着替える。
洋服専用よマンションを所有している。
試合前に食べるものは炭水化物(パスタ、オリーブオイル、塩)のみ。
なでしこジャパンがワールドカップで優勝したとき、選手全員にバラの花をプレゼントした。
などなど「さすが三浦選手!」と思わせるようなエピソードがたくさんありました。
授業をして、私自信ご、公私ともに三浦選手から学ぶことはたくさんあるなと感じました。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万5千pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate