ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

前回、「命の食べ方」という記事を書きました。今回も同様に食べることについて考えたいと思います。この動画は、動物愛護団体のNPO法人アニマルライツセンターが作成したものです。

妊娠豚用ストール

下に、NPO法人アニマルライツセンターのホームページに載せられている文章を載せます。
 (以下抜粋)

日本の養豚の80%以上で、この妊娠豚用檻(ストール)が使用されています。

ストールの中でただ一匹だけ飼育される豚たちは、背後から何かが近づくとおびえて鳴き声をあげますが、振り返って誰が来たのかを確認することはできません。

方向転換すらできない、みつくろいも、他の豚とたわむれることもできないこの檻の中で豚たちは水を飲み続ける、柵をかじり続ける、食べ物が口に入っていないのに口を動かし続けるなどの異常行動を発現させることが知られています。妊娠豚用檻は、雌の豚を飼育者が管理し
やすいように使われています。

妊娠豚用檻を廃止しようとすると、お金がかかります。しかしこの檻は、企業の利益に優先して、いますぐにでもやめるべき飼育方法です。あまりにも残酷だからです。

畜産動物の問題は根が深すぎて、どこからはじめればよいのか分かりませんが、まずは、2013年からEUにおいて禁止となった、妊娠豚用檻(ストール)の廃止を、日本の食肉加工大手5社(日本ハム、伊藤ハム、プリマハム、スターゼン、丸大食品)に、働きかけたいと思います。

わたしたちアニマルライツセンターは、この大手5社に対し、以下2点を求める要望書を提出しています。

1. 自社の養豚場における、妊娠豚用檻(ストール)の使用の廃止と、舎飼から屋外の放牧養豚への移行。

2.自社の商品の原料(豚肉)について、妊娠豚用檻(ストール)の使用を行う養豚業者からの、豚肉の仕入れの廃止。放牧養豚など動物福祉に配慮された飼育方法により生産された豚肉の仕入れへの移行
動物はたんなる農産物ではなく、感受性のあるかけがえのない命です。企業利益よりも大事なものがあることを、企業に問い直してもらいたいです。

(NPO法人アニマルライツセンターより)

動物愛護団体の活動が全て正しいかどうかはわかりませんが、このような事実があるということは知っておくべきだとおもいます。。一番怖いのは、無知です。自分が口にしているものが、どのようにしてこの形になったのかぐらいは知っておくべきです。事実を知った上で始めて、正しいとか間違っているといった議論ができるのではないでしょうか?

“Knowledge is Power (知ることは力になる)”

 

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月4万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate