ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

水中でも土中でも燃え続ける最強のマッチがすごい!

calendar

ネットで面白い情報を見つけました。水中でも土中でも燃え続ける最強のマッチがあるというのです。面白そうなので調べてみました。

最強のマッチの動画

いかがでしょうか?確かに最強です。このマッチを開発したのはアメリカで1971年から営業している「UCO」といくアウトドアショップです。。彼らが開発した防水マッチは、水の中に入れても土に埋めても燃え続けています。通常の使用で起こる雨風なんてものともしません。「UCO」では様々な場面で対応できるように5種類の防水マッチが展開されています。

授業での活用法

授業ではどのような場面で使えるでしょうか?もちろんそのまま使ってもらったもいいですが、せっかくなら最強マッチの構造や仕組みについて考えさせたいです。

ものが燃えるのに必要な3つの条件

ものが燃えるためには3つの条件が必要です。それは

  • 燃えるものがあること
  • 空気(酸素)があること
  • 発火点を以上の温度になること

少し難しい言葉で言うと可燃物酸素供給体点火源の3つです。これらの3つを「燃焼の3要素」といいます。マッチ燃え続けるためにはこれらの3つを常に維持し続ける必要があります。

それでは、水中や土中で通常のマッチが消えてしまうのはなぜでしょうか?この3つの条件から考えさせると面白いと思います。正解は酸素の供給ができなくなるからです。温度の問題も出てくるかもしれません。このマッチが水中でも燃え続けることができるということはマッチ自体に酸素を供給する仕組みが備わっていることになります。これは手持ち花火も同じです。手持ち花火は水の入ったバケツに入れても燃え続けることができます。

面白いですね。逆に「このマッチを消すためにはどうすればいいのか?」といった消火方法について考えさせても面白いかもしれません。3要素のどれか1つでも欠ければ、燃焼は起こりません。つまり、消火したい場合は3要素の1つでも除去できればよいということになります。3つの要素全てをマッチが自前で供給してしまうなら消すのは非常に困難です。思考力が試されます。

授業にもプレゼントにも使える最強のマッチ。お一ついかがでしょうか?

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す