ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

子どもに見せたい動画66「世界に誇れる日本の給食」

time 2016/03/18

日本ではどこの学校でも当たり前のように見られる給食や掃除の光景。でも、これって海外の人からするとすごい光景みたいです。この動画は再生回数700万回超、日本の学校教育に世界から驚きの声が上がっているのです。

世界に誇れる日本の給食!

食べるときは
「いただきます」
食べ終わったら
「ごちそうさま」
食事は残さず、使った食器は自分で片付ける。
日本では当たり前のこの文化。しかし、海外ではこんな礼儀正しい民族がいるとは驚きのようです。
両親のしつけや学校教育を誇りに思っていいんですね。この動画はニューヨーク在住の環境活動家であり、ドキュメンタリー映像作家の佐竹敦子さんが製作したものです。彼女は自身の子どもが通っているアメリカの学校の給食を見てショックを受けました。
食べ残しは当たり前、ゴミは捨てない、床は散らかり放題・・・
こんな現状に問題を感じた佐竹さんはニューヨークの給食管理部長と幹部に日本の「学校教育」の映像を見せることになりました。
その映像はアメリカの学校教育に携わる者にとっては驚くことばかりだったそうです。
  • 授業の始めと終わりに礼をする
  • 給食を自ら配膳する子どもたちの姿
  • 掃除も子どもたちで行い、床は雑巾掛け
佐竹さんによると、信じられないといった顔をして映像に見入っていたそうです。ただ、「お腹を満たすため」に食べるのではなく、給食や掃除も学びの場としている日本の学校教育は世界に誇れるものだということを感じました。
給食管理部からは
「ニューヨークの学校でここまでやるには時間がかかるかもしれないけど、とにかく始めないことには前には進めない」
といった前向きなコメントをもらえたそうです。
佐竹さんの活動が実を結んだんですね。
この動画は7ヶ国語に翻訳され世界中で賞賛を浴びているそうです。
子どもたちにこの動画を見せて、日本の素晴らしさを感じてもらいたいと感じました。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate