ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 教師に役立つ情報 » 先人の失敗から学ぶ「失敗図鑑」

先人の失敗から学ぶ「失敗図鑑」

calendar

「しくじり先生」という番組をご存知でしょうか。芸能人やスポーツ選手など、著名人がどのような失敗をして、そこから何を学び、どのように乗り越えてきたのかを面白おかしく、時には涙も交えながら紹介していく番組です。ふたばはこの番組が大好きです。北海道でロケットを開発している植松努さんもスピーチでこのように述べています。

子どもに見せたい動画31「植松努さんのスピーチ」

「学問は、社会の問題を解決するために人類が生み出したものなんです。必死になって築き上げたものなんです。」

「教育は、失敗の避け方や責任の避け方などの要領いい生き方を教えるためのHow toでしょうか?全然違います。教育とは死に至らない失敗を安全に経験させるためのもの。でも、それがおかしくなってきてしまったんです。」

「それは失敗をマイナスだと思っている大人がいるからなんです。」

とても胸に刺さる言葉です。失敗図鑑には、先人たちの失敗が詰まっている図鑑です。

先人たちの失敗のおかげで今の世の中はこんなにも暮らしやすくなっていることを忘れてはいけないと感じます。エジソンは電球を開発するために最適なフィラメントを求めて、失敗を繰り返しました。最後にたどり着いたのが日本の京都にある竹です。エジソンは失敗をしても「成功だ!」と言っていたそうです。「この材料が使えない!」ということがわかったという意味で成功だと考えていたんです。これぐらいの気持ちがないと日本の竹までたどり着けませんよね。もし、エジソンが電球を発明していなければ、私たちはいまだにブラウン管でテレビを見ていたかもしれません。失敗から学ぶ「失敗図鑑」ぜひ学級文庫に置いてみてください。

created by Rinker
文響社
¥1,320 (2020/09/20 23:51:41時点 Amazon調べ-詳細)

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...