ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

授業で使えるアプリ27「月と地球と太陽と」「moon」

calendar

3年生、天体の月の見え方の単元で使えるアプリです。

「月と地球と太陽と」

このアプリにはandroid版とiOS版があり、アンドロイド版は「月と地球と太陽と」iPhone版は「moon」と違う名前が付いていますが内容は全く同じなので、どちらのユーザーも使うことができます。※2017年10月12日追記、現在では両方とも「月と地球と太陽と」の名前になっています。
↑スタート画面
スタートをタップするとアプリが起動します。
↑アプリは二画面構造にっていて、上は地球から見た月と太陽の位置、下は宇宙から見た太陽と地球と月の位置関係を見ることができます。視点の角度を変えられるのがいいです。
↑上側は、天球を上から見るか、人の目線から見るかを選べます。
このアプリは授業で使いやすいように考えられて作られた・・・はずなんですが、星の動くスピードがめちゃくちゃ速いんです。・・・速いというか・・・爆速です。使うときは一時停止させて、自分が説明したいところに、もっていって使うしかないと思います。これで動きがゆっくりだったらいいのになぁ・・・と思わずにはいられないおしいアプリです。バージョンアップを期待します。私は、mitakaを使うかな。
mitakaについてはこちらの記事をごらんください。

タブレットに入れたい授業で使えるフリーソフト4「Mitaka」

ダウンロードはこちらから
 「月と地球と太陽と」for android

 「月と地球と太陽と」for iOS

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...