ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 子どもに見せたい動画(考えさせられる動画) » 子どもに見せたい動画「感情をコントロールする方法」

子どもに見せたい動画「感情をコントロールする方法」

calendar

感情のコントロールが苦手な子どもたちが増えているような気がします。原因としては、核家族化や一人っ子の増加、DVなど、家族間のコミュニケーションが減っていることがあげられるのではないでしょうか。感情のコントロールができなければ、必要のないケンカなどのいさかいが増えます。これは当人だけでなく、周囲の子どもたち、先生にとっても何一ついいことはありません。感情のコントロールの仕方を学校でも教えていく必要があるのではないでしょうか。今回は感情をコントロールする技術をアニメでまとめた動画「How to Process your emotions」をご紹介します。

自分の感情への対応の仕方

人間の行動の背景には、必ず感情があります。すなわち、行動を変えたり、改めたりするためには、感情を変える必要があるのです。しかし、感情はそんな簡単に変わるものではありません。それでは、感情をどのように扱えばいいのでしょうか。

アニメでは以下のように説明されています。

自分自身で処理できない感情があると、それは強い不安という形で残ります。この強い不安から、人は他人に疑いをもったり、自信を失ったりします。そして、人はこれ以上傷つくことを恐れて本来向き合わなければならないことから逃げるようになるのです。

本当は傷ついいるのに、表面上では強さや脆く壊れやすい明るさを保とうとします。自分自身を偽り、傷ついていることを隠すのです。

しかし、自分に嘘をつくことは心身に大きな負担をかけます。自分に正直に生きることができないと気分が落ち込み、眠ることができなくなります。さらには、考え方や行動までもおかしくなってしまうのです。

周囲からは攻撃的だったり、怠けたり、社会を無視して好き勝手に生活しているように見えますが、実際はこれ以上傷つくことを極端に恐れ、必死に虚勢を張っているにすぎないのです。

感情を処理するためには友人などの親身になって相談に乗ってくれる人が必要です。

なにより悲しみや苦しみなどマイナスの感情を受け止めることが必要なのです。

ふたばの考え

いかがでしたでしょうか?とても納得させられる動画だと感じました。マイナスの感情を受け止めること。これが人としての強さにつながると思います。弱い人はマイナスの感情を受け入れることができません。だから、キレたり、暴れたり、暴言をはいたりすることで感情を発散させようとしてしまうのです。感情に関しては過去にもいくつか記事を書きました。気になる方はご覧いただければと思います。

10代の9割「やばい=素晴らしい」の理由②感情の未分化

子どもに見せたい動画5「鉄拳 振り子」

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...