ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

アプリ「pingpong」で授業に投票を取り入れる

calendar

iPadやタブレットパソコンを導入する学校が増えてきました。そんな中、研修で面白いアプリを教えてもらいました。それが「pingpong」です。

投票アプリ「pingpong」

「pingpong」はスマホやタブレット、パソコンを使った投票システムアプリで、無料で使うことができます。

起動画面

アプリを起動すると、進行者と参加者の選択肢があります。授業者が進行者、生徒は参加者を選びます。

多様なクイズ形式

多様な発問方法

発問方法もいろいろ選べます。
進行者画面。ルームコードと○×、複数選択肢、テキストなど発問に合わせた方法を選べます。
参加者はルームコードを入力すると選択肢が現れます。
入力するとすぐに進行者画面に結果が映されます。授業などで使うときは進行者の画面をプロジェクターなどで写してください。

回答画面

↑回答画面

リアルタイムに結果発表

一瞬で集計されるのがいいです。リズムよく使うことができます。全ての端末がネットに繋がっている必要があるので、授業で使うは難しいかもしれませんが、職員研修では使えそうです。大学の授業で使うと生徒の講義への参加率が高まりそうです。結婚式の二次会などのパーティでも使えそうですね。是非使ってみてください。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...