ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » ICT活用 » アプリ「pingpong」で授業に投票を取り入れる

アプリ「pingpong」で授業に投票を取り入れる

calendar

iPadやタブレットパソコンを導入する学校が増えてきました。そんな中、研修で面白いアプリを教えてもらいました。それが「pingpong」です。

投票アプリ「pingpong」

「pingpong」はスマホやタブレット、パソコンを使った投票システムアプリで、無料で使うことができます。

起動画面

アプリを起動すると、進行者と参加者の選択肢があります。授業者が進行者、生徒は参加者を選びます。

多様なクイズ形式

多様な発問方法

発問方法もいろいろ選べます。
進行者画面。ルームコードと○×、複数選択肢、テキストなど発問に合わせた方法を選べます。
参加者はルームコードを入力すると選択肢が現れます。
入力するとすぐに進行者画面に結果が映されます。授業などで使うときは進行者の画面をプロジェクターなどで写してください。

回答画面

↑回答画面

リアルタイムに結果発表

一瞬で集計されるのがいいです。リズムよく使うことができます。全ての端末がネットに繋がっている必要があるので、授業で使うは難しいかもしれませんが、職員研修では使えそうです。大学の授業で使うと生徒の講義への参加率が高まりそうです。結婚式の二次会などのパーティでも使えそうですね。是非使ってみてください。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]

【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder デジタル教材・プリント教材

太陽の一日の動き
温帯低気圧の一生
原子の性質
more...

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...