ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

「教育あいうえお作文」4連発

time 2018/09/06

学校教育で一番大切なのは?

  • 教員免許という資格を与えられている
  • 学校生活の多くの時間を占める。

様々な理由がありますが、「授業」が一番大切だとよく言われます。しかし、授業を行うためには生徒との人間関係ができている必要があります。これは保護者対応についても同様です。私は授業以前に教育の基本は、「人間関係の構築」が根底に必要だと感じます。人間関係の構築なしに授業も生徒対応も保護者対応も成り立ちません。今回はそんな、子ども対応と保護者対応で役立つあいうえお作文をご紹介します。

子どもとつながるあいうえお

あ あいさつ明るく

い いいとこ見つけ

う うなずき深く

え 笑顔で名を呼び

お 怒ればしんけん

このあいうえお作文は、大阪府教育センターの教育相談室の佐谷力先生によるものです。生徒との関係づくりの基本を示していると思います。

保護者とのかかわりの基本

か 顔を見て

き 共感うなずき

く 繰り返し

け 傾聴してから

こ 攻守交代

こちらも佐谷力先生の言葉です。本当にうまく考えられたあいうえお作文だと思います。「攻守交代」がいいですね。相手が大人だとしても、伝えるべきことは伝えなければなりません。

クレーム対応さしすせそ

さ 最初の一言→相手の心情に寄り添って、傾聴、共感する

し 真摯な応答→保護者と一緒に悩み、考える姿勢

す 推測の危険→言葉よりも真意を考える

せ 誠意ある態度→どんなときでも、誰に対しても同じ誠実な対応

そ 組織で対応→報告・連絡・相談体制の確率

クレーム対応、保護者対応の難しさはどの先生も感じていると思います。それぞれ、生まれも育ちも違います。様々な家庭環境がある中で、そこで育った子どもたちが集団生活を行う学校現場。トラブルは必ず起きます。子どもたちのトラブルを解決するのは教師としての責任ある仕事ですが、学校と保護者の考え方が違ったとき、その対応はとても難しいものになります。

「うちでは、殴られたら殴り返せと教えています。」

「先に手を出したのはこちらかもしれませんが、あちらにも否はあるはずです。」

このような発言をされる保護者は多いですが、トラブルの解決には繋がりそうにありません。大切なのは、子どもたちが明日以降互いに気持ちよく(少なくともトラブルなく)安心して学校生活を送る環境を整えることです。保護者対応の「かきくけこ」ぜひ実践してみてください。

番外編、合コン「さしすせそ」を子育てに応用

こちらは、Twitterで話題になったものです。

妻が息子の言う事する事に対して
「さすが」「知らなかった!」「すごい」「せっかくだから寝る前にトイレいこう」「そうなんだ~!」
と『合コンさしすせそ』を応用してて息子がこれに上手くノセられて割りと効果を発揮してる
『合コンさしすせそ』男の子の育児にも使えたのか

合コンで女の子が男の子を褒める時に使える「合コンさしすせそ」を子育てに応用すると効果があるという内容です。面白いですね。男は大人になっても脳の構造はあまり成長しないのかもしれませんね(笑)

その他の考えさせられる教育ツイッター

どれも教育について考えさせられる内容です。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万5千pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate