ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

JーPOPで創る中学道徳授業

calendar

ある日妻が「道徳の本を買ってきた〜!」と見せてくれたのが今回紹介する「J−POPで創る中学道徳授業  柴田 克 著」です。前に一度紹介したような気もしますが、よく覚えていないので再度紹介させてください(笑)

JーPOPで創る中学道徳授業

中身は「ケツメイシの仲間」「SEAMOのContinue」「さだまさしの償い」など様々なJーPOPの歌詞とともに道徳授業の流れが書かれています。
↑SEAMOのcontinueの歌詞です。家族愛、友情、反省など様々なバリエーションのJーPOPが載せられているので、学級や学年の状況に合わせて選曲することができます。
↑歌詞を書きとらせるワークシートや指導案も付いています。学年で一斉に取り組ませるときなど、指導案があると授業の進め方がわかるのでありがたいですね。
↑また、その他の道徳資料として曲の内容をさらに深められるワークシートも付いてきます。SeamoのContinueでは、「続けることの大切さ」を一貫して歌っています。本には周囲の反対や嘲笑に負けることなく自分の信じたことを継続することで夢を叶えたエジソン、アインシュタインなどの偉人についてのワークシートが載せられていました。これらの偉人について調べさせたり、発表させる。または丸ばつクイズをつくるなどすれば道徳の授業は大きく盛り上がるのではないでしょうか?
日本人が普段恥ずかしがって口にできない「愛してる」などの言葉も、カラオケなどで「歌」という形になると恥ずかしがることなく歌えてしまいます。歌の力ですね。生徒にとって身近なJーPOPを道徳の教材にすることはとても有効な手段だと感じました。

 SEAMO「Continue」

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...