ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » ICT活用 » Chromecastが授業で使えない理由

Chromecastが授業で使えない理由

calendar

前回の記事でNETGEARのPush2TVについて書きましたが実はPush2TVを買う前に同じ用途でChromecastを買いました。結論はChromecastは授業では使いにくい。

Chromecast とは

Chromecast は、テレビの HDMI 端子に差し込む小型のメディア ストリーミング端末です。専用アプリで設定するだけで、スマートフォン、タブレット、ノートパソコンからテレビ番組、動画、音楽などお気に入りのオンラインコンテンツをテレビ画面に映すことができる装置。

Chromecast と授業の相性

始めてChromecastを見たとき

「これで授業中にYouTubeの動画を簡単に見せられる!」

と新しいもの好きの僕は早速購入。つかってみた感想•••

「すごいけど、授業では使えなくない?」

簡単に言うと、Chromecastはネット上の動画をストリーミング配信する装置。ネットに繋がる環境じゃないと力を発揮できないわけです。ポケットwi-fiを使うとか、裏技的なタブレットのミラーリングのやり方はあるけど、やっぱり使いにくい。ということで、弟への誕生日プレゼントになりました(笑)やっぱり、ちゃんと調べて買わないといけませんね。ちなみに弟はこれでDビデオが大画面で観れると大喜びでした。

folder デジタル教材・プリント教材

太陽の一日の動き
温帯低気圧の一生
原子の性質
more...

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...