ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

授業で見せたい動画46「エネルギー問題はソーラー道路で解決!?」

time 2016/04/07

3年生エネルギー、様々な発電の単元で使える授業ネタです。
エネルギー問題がささやかれる現在ですが、解決策としてにわかに脚光を浴びているのがソーラー発電です。今回はフランスが進めているソーラーロード計画について書きます。「Co.Exist」の記事によると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定しているそうです。

道路で発電!?ソーラーロード

もし実現すれば人口の8%にあたる約530万人分の電気が供給できることになるのだとか。ソーラーを設置する際の一番のポイントは「どこに置くか」ということですが、道路ならば様々な問題を解決してくれるみたいです。
フランスの企業、Colas社が開発した道路用のソーラー「Wattway」は、約6.5mmという驚異的な薄さを実現していて、写真にある通りコインとほぼ同じ厚さです。もちろんブレーキ時に滑らないことはもちろん、耐久性なども確保されています。
様々なテストや開発を進めながらも、フランス政府は今後5年で1,000km以上の道路をソーラー化する計画を進めていくそうです。道路1km分で、約5,000人規模の街の公共照明を供給できるというシミュレーションもあり、1,000kmのソーラーロードを作れば、500万人分の電力を供給できるのです。  前から、道路はソーラー発電に最適な場所とも言われていて、古くなってしまった道路などを有効活用すれば効果的にクリーンなエネルギーの供給ができると考えられていました。しかし、費用や技術的な問題からソーラーロードは実用化されていませんでした。しかし、技術力の進歩によりついにソーラーロードが現実化したのです。道路交通量が少ない道路ならば、日が当たる時間も長いですしね。ソーラー道路への取り組みはオランダや韓国なども積極的で、今後も様々な動きがありそうです。
↑ソーラーロードを設置している様子。
電気自動車の普及も進んでいく未来。電力はガードレールや道路から直接供給できるようになっていくそうです。すでに開発も進んでおり、KDDIとossiaが共同開発したワイヤレス給電システム「COTA」は、10メートル離れていても充電することが可能です。自動運転も現実化してきましたし・・・すごい世の中になりそうですね。運転や給油は、過去の遺産になりそうですね。未来が楽しみです。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate